実質GDP、年4.0%増 4~6月期 内需けん引

印刷

   内閣府が2017年8月14日に発表した17年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値、季節調整済み)は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前期比1.0%増、年率換算で4.0%増だった。プラス成長は6四半期連続。

   年率換算で4%の伸びは、2016年1~3月期から1年半続くプラス成長の期間で最も高い成長率となった。

  • 実質GDP、年率4%の伸びに驚き!
    実質GDP、年率4%の伸びに驚き!

GDP成長率は「ポジティブサプライズ」

   実質GDPの内訳は、内需が1.3%分の押し上げ効果、外需(輸出-輸入)の寄与度は0.3%分のマイナスだった。個人消費や設備投資など内需がけん引し、公共投資も大幅に伸びた。

   項目別にみると、個人消費は実質0.9%と、6四半期連続でプラス。設備投資は2.4%と、8四半期連続のプラスだった。住宅投資も1.5%増と好調。公共投資は5.1%増と、大きく伸びた。

   これまで景気の原動力となっていた輸出は0.5%減と4四半期ぶりに減少。輸入は1.4%増だった。国内需要が伸びたことで、輸入量が増加した。

   なお、生活実感に近い名目GDPは1.1%増、年率換算で4.6%増だった。

   第一生命経済研究所経済調査部の主任エコノミスト、藤代宏一氏は8月14日付のレポート「驚きの瞬間風速 驚きの鈍さ(日本GDP 米CPI)」で、「日本の実質GDP成長率はポジティブサプライズ。市場予想(プラス2.5%)を大幅に上回った」と、「驚き」を表現。 輸出の減少も過去3四半期に記録した増加の反動とみており、「総じてみれば、内外需揃った高成長が持続していると評価できる」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中