増える「英語」の仕事 必要な場面と「苦手」な場面は違う?

印刷

   カジュアル衣料の「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングやインターネット大手の楽天など、企業のグローバル化に伴い「英語」を社内公用語に採用する企業が増える傾向にある。社内公用語とまではいかなくとも、英語の必要性を感じている人は多いはずだ。

   とはいえ、仕事で英語が必要な場面はさまざま。ビジネス英会話やプレゼンテーション、電話やメールのやり取りなど、必要な英語のレベルも変わってくる。いったいどんな英語力を磨いておけばいいのか気になるところだ。

  • まずは飛び込んでみる!?
    まずは飛び込んでみる!?

英語の「出番」、会話よりも書くこと

   英語を使う人材の求人を取り扱う人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンが、日本語と英語の2つの言語と専門分野でのスキル・知識を持って働くバイリンガル212人に、「仕事で英語を使う場面は?」(調査は2017年7月31日?8月4日実施)と聞いたところ、1位は「メール」の87.7%だった。

   次いで「資料作成」の75.5%。「電話・電話会議」が75%、「会議」は67.9%、「交渉・説得」50%、「プレゼンテーション・スピーチ」49.1%と続いた。

   「接客・接待」は47.6%、「海外勤務(赴任・出張)」も33%あった。「その他」は8%。

   バイリンガルが仕事で英語の必要性を感じるのは「メール」。ちょっと意外なようだが、「ビジネス英会話」よりも、メールや資料作成といった英作文の出番が多いことがうかがえる。裏を返せば、それだけ日常業務に英語が溶け込んでいることのあらわれなのかもしれない。

   また、「英語対応で最も『得意』な場面は?」との質問には「メール」が34%でトップ。「資料作成」が13.1%、「プレゼン・スピーチ」は12.6%、「接待・接客」11.2%、「交渉・説得」9.7%、「会議」と「電話・電話会議」が7.8%、「海外勤務(赴任・出張)」3.9%と続いた。

   その半面、「英語対応で最も『難しい・苦手』な場面は?」との問いには、「交渉・説得」35.6%が最多。次いで「電話・電話会議」が29.8%、「プレゼン・スピーチ」は16.3%と続く。「接待・接客」は7.2%、「会議」が4.3%。「資料作成」が3.8%、「メール」1.9%、「海外勤務(赴任・出張)」1%となっており、英語が話せるバイリンガルでも、環境や文化の違うビジネスパートナーの心を動かしたり説得を試みたり、さらにはビジネスを取り決めたりしていくのは難しいようだ。

苦手克服にはスピーキングがいいかも!

   そんな「英語の苦手」な場面を、バイリンガルたちがどのように克服しているのだろう。

   そのあたりを聞くと、「英語を話す機会を増やす」などのスピーキングの強化をあげる人が多く、また「ドラマ・映画・インターネット動画を見る・聴く」といったリスニングの強化や「新聞などのニュースメディア・書籍・ブログを読む」などの語彙力を強化するとの声も少なくない。

   してみると、とにかく「場数」を踏んで、ネイティブのような表現力を身につけることが英語上達の秘訣らしい。

   ツイッターでビジネス英語について調べてみると、

「音読100回で英語力向上! 同じ文章を繰り返し音読しよう! 1年間毎日休まず続ければ、仕事でなんとか使えるレベルに!」
「復習は必ずしましょう! その時は覚えたと思っていても、1週間後にはほとんど忘れています。英語をマスターする方法は至ってシンプルです。『復習』『継続』『反復』この3つ。これさえ忘れなければ、必ず英語は話せます。まずは、『継続の壁』を乗り越えていきましょう」

と、やはり「継続が力」になるらしい。

   また、

「大学受験の英語と違って、実際に英語を仕事で使ったり、TOEIC受験したりするときは、ある程度速く読まなければなりません。英文を、日本語を読む感覚で読めるように」
「英語は苦手。仕事でインド人と英語で電話会議すると、まったく聞き取れないので話に詰まってしまう。でも渡航先で話をすると、結構話せたりする。直接話すと表情で何を言いたいか読み取れるのが大きい」

などと、「まずは飛び込んでみる」ことをオススメする声も並んでいた。(KM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中