「AIファンド」残高4000億円突破 目新しさ、投資家惹きつける

印刷

   人工知能(AI)が運用する投資信託の人気が高まっている。日興リサーチセンターによると、2015年8月に始まった人AIによる公募型投信(AIファンド)の残高が、17年8月中旬時点で4129億円に達した。

   AIファンドが伸びている理由について同社は、J‐CASTニュースの2017年8月25日の取材に、「運用手段が多様化する中で、AIが運用するという目新しさが投資家の関心を惹き、ここまで急成長した」と話した。

  • AIファンド、目新しさで投資家を惹きつける
    AIファンド、目新しさで投資家を惹きつける

AIが銘柄選びから商品設計までを手がける

   日興リサーチセンターによると、AIファンドは2015年8月から17年8月中旬までに11本が運用されている。そのうち、9本はAIがデータを分析、商品設計にまで反映しており、その残高は3911億円。残りの2本はAIが銘柄を選んでファンドマネージャーが判断して銘柄を組み込んで運用しているファンドが217億円となっている。

   ファンド単体の最多残高は、17年2月にゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが売り出した「ゴールドマンサックス グローバルビッグデータ投資戦略」で、2372億円にのぼる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中