7月の鉱工業生産指数、前月比0.8%減 半導体製造装置が足引っ張る

印刷

   2017年7月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整済み)は101.5と、前月と比べて0.8%低下した。経済産業省が8月31日に発表した。2か月ぶりのマイナス。

   ただ、基調判断について同省は、「生産は持ち直しの動きがみられる」としている。

  • 鉱工業生産指数、7月はマイナス
    鉱工業生産指数、7月はマイナス

「持ち直しの動きがみられる」

   生産指数は、全15業種のうち11業種が前月を下回った。業種別にみると、半導体製造装置などの売り上げが減少したことが響き、「汎用・生産・業務用機械工業」が前月比2.5%減となったほか、発電機を中心とする「電気機械工業」が2.9%減、「化学工業(医薬品は除く)」は1.4%減と、低下した。

   一方、上昇したのは、スマートフォン向け半導体メモリーなどの「電子部品・デバイス工業」が4.3%増と、好調。「石油・石炭製品工業」は1.4%増だった。

   8月以降の見込みについては、8月は6.0%上昇、9月は3.1%減少とみている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中