もう投資に大金は不要です! 話題の「トラノコ」たった5円から、ポイントでも

印刷

   「預金から投資へ」の大号令のもと、政府が「投資」を積極的に推し進めるようになって久しい。少額投資非課税制度(NISA)の導入などで、ジワジワとすそ野が広がってきていることは間違いないが、そうは言ってもなかなか踏み切れない人もいるだろう。

   株式や投資信託、外国為替証拠金(FX)取引、金や不動産...... 何からはじめればいいのか、どうすればいいのかよくわからないなど、ハードルは低くない。しかし、そんな人でも気軽にはじめられそうな投資サービス、「トラノコ」が話題になっている。

  • 「トラノコ」が大きく育つかも・・・
    「トラノコ」が大きく育つかも・・・

おつりやポイントで「投資」 「トラノコ」口座にチャリ~ン・・・

   フィンテックベンチャーのTORANOTECが提供する「トラノコ」は、2017年6月7日にリリース。現金ではなくクレジットカードや電子マネーの買い物で生じた端数を、「おつり」として自動的に投資にあてるサービスだ。

   「トラノコおつり捕捉サービス」に、使っているクレジットカードなどを登録。買い物のたびに「おつりデータ」が更新されるので、投資するか、しないかを選択する。

   おつりの額を、あらかじめ3段階に設定。たとえば320円の買い物をしたとき、おつりの設定が「100円単位」なら、「400円」の支払いに対するおつりの80円が投資にまわる。「500円単位」なら180円、「1000円単位」なら680円が投資にまわる計算。月々の投資額には上限(5000円から10万円まで)を設定できるので、生活費に食い込む心配もなさそうだ。

   コツコツ貯めたおつりの総額は月に一度、自分の銀行口座から、TORANOTEC投信投資顧問の「トラノコ」の専用口座に引き落とされ、投資にまわったおつりの運用はプロが行う。

   利用者は、安定重視の「小トラ」、バランス重視の「中トラ」、リターン重視の「大トラ」からファンドを選べる。いずれのファンドも世界中の株式、債券、不動産などに幅広く投資できるよう組み立てられている。

   利用するには月額利用料の300円(税込)、運用報酬としてトラノコに預ける純資産額の年0.3%(税別)や監査費用、出金は1件につき手数料300円(税込)がかかる仕組み。

   さらに、新たに「ポイントで投資」機能の追加を、2017年9月6日に発表。リアルワールド社が提供するポイント交換サービス「Point Exchange」のポイントをトラノコのサービス内で現金化して、通常の「おつり投資」に追加して投資できる仕組みを整えた。

   2017年10月中旬をめどに、サービス提供を開始。最低投資金額5円以上、1円刻みの投資ができるトラノコならではのサービスだ。

少額投資の「コツコツ」ブームが到来!?

   そんな話題の「トラノコ」について、ツイッターには、

「トラノコというサービス。ちょっとずつやってみるかな」
「おつり差額の投資サービス、トラノコ運用開始。トラノコさんから5円を頂く。さて運用結果が楽しみ」
「トラノコでおつりを投資するのをはじめましたが、大トラ=アクティブ?くらいしかないので不満ではあります。巨大トラ早く!」

といった声が見つかった。

   そんな「歓迎」の声がある一方で、

「やっと設定完了! 来月から『おつりによる資産運用』がはじまります。ただし、これ、使いづらすぎる」
「安く積み立てできる投資信託、ありますよ。それを買ったほうがいいかも。アプリの設定とか、なんか面倒だわ」
「月300円の利用料がかかるのはマイナスポイントやね。ネット証券で投信100円ずつ買えるようになったし、このトラノコ使う意味なしと思うけど!?」

などと、使い勝手に対する率直な感想もあった。

   「トラノコ」のように、おつりを利用したり、クレジットカードのポイントを利用したりする少額投資サービスには、WealthNaviが運営する「マメタス」やインヴァスト証券の「自動売買積立投資 マネーハッチ」などもあり、最近グンと身近な存在になってきた。

   「投資には、ある程度まとまった資金が必要」といった思い込みは、もう捨てたほうがいいのかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中