「お前の会社、クサイぞ」! 職場の「スメハラ」社外でも問題かも(江上剛)

印刷

   高齢独身者のオトコ所帯の会社で、オフィスがひどいニオイです。総務部も気を遣って、大量の消臭剤を配置してくれていますが、頭痛と吐き気がするほど。同じ男性として恥ずかしいです。大企業では「スメルハラスメント」をテーマに総務部が講習会を開いたりしていると聞きますが、そんなことができる会社ではありません。直接言うのもカドが立つと思い、正直ガマンしています。女性が多い職場では香水のニオイがキツくて男性社員がイヤな思いをしているという話も聞きます。このまま、ガマンするしかないのでしょうか。

   あなたが深刻になるほどの高齢独身者のニオイ、加齢臭はどんなものなのでしょうね。想像するだけで気分が悪くなりますね。

  • うっ、クサッ!
    うっ、クサッ!

消臭剤の大量使用はやめたほうがいいかも

   加齢臭ぷんぷんの職場かぁ。ああ、イヤだ、イヤだ。

   ところで、最近は「香害」という言葉があるくらいでニオイの害が言われています。

   化学物質過敏症という症状でしょうが、ニオイ成分の中の化学物質が人体に害を与えるのです。

   加齢臭は、厳密には化学物質ではないでしょうが、それを消したり、ごまかしたりするために消臭剤を使ったら、それは「香害」として人体に深刻な影響を与えることになります。

   大量の消臭剤はやめたほうがいいでしょうね。

   他の人たちも同じように悩んでいるんでしょうね。

   加齢臭は自分では気づかないんです。私も63歳ですから、きっと加齢臭がぷんぷんなのでしょうね。時々、妻から「クサイ」と言われます。

   妻ならいいですが、あなたから面と向かって「クサイ」と指摘されたら、ショックですよね。気を使われるのもよく理解できます。

「スメハラ」は職場の健康問題

   しかし、これは職場の健康問題ですから、あなたと同じように悩んでいる人たちと一緒になって「職場会」を開いて協議すべきでしょうね。

   高齢独身者の人たちも、それほどひどいニオイなのかと指摘されたら、もう少しからだを洗う時や着衣の洗濯などに気をつけるようになるかもしれません。

   きっとそのニオイは、お客様などの外部の人たちにも悪影響を与えていると思いますから、会社の問題として採り上げたらいいでしょうね。

   社長にもお客様から苦情が入っているかもしれませんね。 こんな小細工はあまり勧めませんが、有力なお客様から社長に「お前の会社はクサイぞ」と、注意してもらったらどうでしょうか。社長が慌てて加齢臭対策を講じるかもしれません。

   いずれにしても、消臭剤を大量に使用するのは、「香害」として化学物質過敏症の人に地獄の苦しみを与えるようですから、中止するべきでしょう。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中