2018年 8月 16日 (木)

「鉄道車両」がけん引 7月の機械受注、4か月ぶりプラス

印刷

   2017年7月の機械受注の総額は、前月比4.9%増の2兆3822億円だった。内閣府が2017年9月11日に発表した。

   民間企業の設備投資の先行きを示す「船舶・電力を除く民需」は、前月比8.0%増の8533億円となり、大きく伸びた。4か月ぶりにプラスに転じた。

  • 7月の機械受注、4か月ぶりプラス
    7月の機械受注、4か月ぶりプラス

基調判断「先月と変わらず」

   7月の「船舶・電力を除く民需」のうち、製造業は前月比2.9%増の3557億円で、2か月ぶりのプラス。また、非製造業(除く船舶・電力)は4.8%増の4723億円で、2か月連続のプラスだった。

   内閣府は「船舶・電力を除く民需」が大きく増加した理由について、J‐CASTニュースの取材に、「非製造業のうち、運輸・郵便業で鉄道車両の受注といった大型案件が入ったことがプラスに大きく貢献した」と説明した。

   ただ、基調判断は「先月と変わらず足踏みがみられる」に据え置いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中