乱高下の「モーレツ」相場! ぼう然とする明治、そのワケは......

印刷

   米国の長期金利の低下(債券価格は上昇)を背景に、円やユーロに対してドル売りに動いた2017年9月8日、ドル円相場は一時107円58銭近辺と約10か月ぶりの高値を付けた。翌9日に北朝鮮の建国記念日を控え、その警戒感も引き続き円買いを後押しした。

   ところが、週明けには一変。東京外国為替市場は9月14日の円相場で4日続落。米国の税制改革への期待感や13日の米国の長期金利の上昇もドルの買い圧力を強めた。この日17時に1ドル=110円38~41銭と前日比44銭の円安・ドル高だった。

   激しく乱高下したドル円相場を、うまく「味方」につけたのは、早稲田か、明治か、それとも慶応か――。

  • どうなる? 明治……
    どうなる? 明治……

慎重に相場にらみ「買い持ち」のまま次週へ(早稲田)

9月8日(金)

   明日、9日に北朝鮮の建国記念日を控え、米国のハリケーンによる被害の拡大も重なり、低リスク通貨である円を買う動きが強まった。4月17日の今年の最安値を割り込み、この日の最安値は107.324円だった。週明けからはさらなる下降トレンドになることを期待して、取引は見送った。

9月11日(月)

   懸念された建国記念日に、北朝鮮の目立った挑発行為は行われず、米国のハリケーン「イルマ」のよる経済損失の懸念が後退して、ドルは値を上げた。チャートを見ても、上昇トレンドが始まったように見えるのだが、この日は取引を控えた。

9月12日(火)

   ドル買い円売りが進んでいる。前日は日足において大陽線(相場が終始買われた形で、線の実体部分が大きいほど、より買い意欲が強いとされる)をつけた。前日の一時間足におけるゴールデンクロス(短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に突き抜ける形に交差=クロスしている状態。「買いのサイン」とされる)のあと、陽線(対象期間の始値よりも終値が高いケース)が連続して出現している。

   強い買いのシグナルと考え、16時24分、成行で500ドルを109.570円で買い、逆指値を108.500円に入れた。

1ドル109.570円で500ドルを買い持った。

9月13日(水)

   この日は夜になるまでドル円相場に大きな動きは見られなかったが、21時以降の8月の米卸売物価指数(PPI)の発表によって、ドルが買われる上昇基調が続いた。取引は控え、ポジションは買い持ちのままにした。

9月14日(木)

   この日もドル円相場は上昇基調だった。21時30分に発表された8月の米消費者物価指数(CPI)の結果がよく、ドルを買う、「上昇トレンド」はますます強まったように見える。したがって買い持っている500ドルをそのままにした。(惟光)

ポジション保有 1ドル109.570円で500ドル
 前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
 9月14日現在 9603円

ウソでしょ! 「なんとなく」が招いたロスカット(明治)

9月8日(金)

   この日は、ずっとドル安で推移していて「そろそろ決済しようかな」と思ったものの、なんとなく北朝鮮問題も収まってきたように思えたので、決済せずにいた。

   ところが、あまりにも下落したため、ロスカットされてしまった。初めての経験だったので、とてもショックで恐ろしくなった。それと同時に、損切りの大切さを痛感。「なんとなく......」などという、あいまいな判断で、コツコツと積み上げてきた儲けを一気に失った。

107.516円でロスカット
6924円のマイナス

9月11日(月)

   気分一新、仕切り直しといきたいところだが、ちょっと...... ここは慎重に、作戦を練り直したいと思う。(RW)

前週からの損益 6924円のマイナス。
9月14日現在  6206円

急な値動きに気が動転、あわてて決済したら......(慶応)

9月11日(月)

   今週は、英国で消費者物価指数(CPI、12日)や生産者物価指数(PPI、13日)が、14日にはオーストラリアが雇用統計を、スイスが政策金利を発表。米国も消費者物価指数(CPI)を、15日には米国の小売り売上高などの発表と、注目の指標が目白押し。なかでも、13日と14日の発表でドル円相場が大きく動く可能性が高いとみた。

   一方、北朝鮮の建国記念日(9日)に懸念されていた軍事行動がなかったため、不安が払拭されたのか、日経平均株価もドル円相場も窓を空けての上昇となった。これは今週、円安の予感。とはいえ、少し様子を見ようと思う。

9月12日(火)

   この日の17時30分、英国のPPI発表の際に円安が進行した。この指標に注目していたため、チャートを見ていたが、発表の瞬間に急激な値動きがあり、予想外に大きなスリッページ(注文の成立時に生じる、発注レートと実際に約定したレートとの差のこと。相場の急落・急騰などには、このスリッページが大きくなる場合がある)が発生したため、気が動転してしまった。

   そのため、ガマンして持っておくべきポジションを、わずかな利益で決済してしまった。 あわてず、冷静に取引していれば、1000円程度の利益になっていたはずだったのに、利益を取り損ねてしまった。取り逃した魚は大きい。悔しい。

109円69銭で買い、109円71銭で売った。
1万145円が1万153円に増えた。(石油王)

前週からの損益 8円のプラス
9月14日現在 1万153円

プロフィール
早稲田大学 惟光
早稲田大学文学部2年、埼玉県出身。尊敬する人は、「投資の神様」ウォーレン・バフェットに紫式部! 旅行や写真が大好きで、サバの竜田揚げも大好き。 将来は「チャンスを平等にすることがしたい!」という。これまでFXはスキャルピング(ポジション保有後、短時間の内にわずかな価格変動から儲ける方法)で取引していたが、最近はスイングトレードに転向した。仮想通貨の取引も始めるなど、投資への関心は強く熱い。
明治大学 RW
明治大学総合数理学部2年、長野県出身。好きな歌手は、乃木坂46。趣味は映画観賞や乃木坂46が出ている番組の視聴で、週末などに楽しむ。将来は、IT系の仕事に就きたいと考えているが、今は単位を落とさないようにするのに必死。(笑)株式投資からスタートし、最近はビットコインを少々カジッたところ。為替相場は株式投資にも影響する大きな材料。FX投資はデモ口座でやったことがある程度だが、大学対抗戦となれば、話は別。経験を積みながら、トップを狙う。
慶応大学 石油王
慶応大学商学部3年、京都府出身。好きな歌手はCHEMISTRY。将来は証券ディーラーになりたい! 小学生のとき、父のFX投資を間近に見ていたことをきっかけに、為替に興味を持つ。中学1年のときのリーマンショックで怒涛の円高を目の当たりにし、この時に円を売っていれば大儲けできたのではないか、と気付いたという筋金入りのFX投資家。現在はテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形状を判断材料としてトレードする手法を研究中。為替相場の世界で大成功を収めることを夢見て、日々精進中という。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中