その27 レジ袋 【こんなものいらない!?】

印刷

   「こんなものいらない!?」その10で、スーパーマーケットの「NOレジ袋」つまり「レジ袋は要らない」ことを示すカードなんか不要であると書いた。

   そこでも少しだけ触れたのだが、「NOレジ袋」のカードよりも、そもそも「レジ袋」自体が不要である。こちらのほうが、なくすべきものの「本丸」である。

  • スーパーの「買い物袋」の売り場。よく売れているとは思えない。
    スーパーの「買い物袋」の売り場。よく売れているとは思えない。

レジ袋を売りつける「中国流」

   海に流れ込んだペットボトルやレジ袋が微細なゴミとなり、生態系を脅かしている。それを考えると、レジ袋はスーパーなどから早急になくすべきだし、また、なくせるのではないか――。

   わが家の近くのいくつかのスーパーをのぞいてみた。レジではたいていの客がレジ袋を1枚、2枚、3枚と受け取り、そこに買った物を入れている。「NOレジ袋」のカードを使っている客なんて、ほんとに少なかった。

   スーパーの片隅には「エコバッグ」などと称して、布製などいろんな買い物袋が置いてある。使い捨てのレジ袋ではなく、長く使える買い物袋を使ってください、とのスーパーからのお願いだが、あまり効果があるようには思えない。

   そのひとつの理由は、(スーパーによって、やり方は少し違うが)たいていのところがレジ袋を求めない客に対しては、ポイントカードにたとえば2点をあげたり、あるいは現金で2円負けたりしているからだ。

   これではレジ袋を断る利点があまり感じられない。

   そうではなく、レジ袋を1枚いくらで客に売りつけたら、レジ袋を求めない客も増えてくるのではないか。中国のスーパーなどでは全国一斉に何年か前からそうしていて、大きさによって1枚0.2元、0.3元あるいは0.5元(1元は約17円)で売っている。けっこう高めだし、売りつけるほうが客に対する「圧力」になる。

「NOレジ袋」はスーパーの単なる恰好つけだ!

   日本のスーパーなどが本気でレジ袋をなくそうと思うのなら、たとえば「中国流」に切り替えるなど、もっとやり方があるのではないか。今のようなやり方だと、単に格好をつけているだけとしか思えない。

   話を戻すと、陸上に捨てられたペットボトルやレジ袋が川を経て海へ出ると、波や紫外線の作用で細かく砕かれ、大きさ5ミリ以下のマイクロプラスチック(MP)になる。MPは海底に堆積している有害物質を吸着しやすい。

   これらを魚介類が食べ、食物連鎖で人間や他の生物に悪影響が出る恐れがある。しかし、すでに海中に大量にあると思われるMPの回収はほとんど不可能で、今後はプラスチック・ゴミの海への流入を抑えることが急務だと言われている。

   以上の話は「朝日新聞」からの受け売りだが、日本人は年平均1人300枚のレジ袋を使っているそうだ。これを「使わない」ことぐらいは、私たちがそれほどの犠牲を払わなくてもできるはずだ。まず、隗より始めようではないか。(岩城元)

※ 「こんなものいらない!?」委員会は、みなさまからのご意見をお聞きしています。ぜひ、下記のワンクリック投票にご参加ください。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中