2018年 10月 24日 (水)

自宅に眠る「埋蔵携帯」 その価値、1兆7000億円也

印刷

   現在使われずに自宅に保管している「埋蔵携帯」の価値が総額1兆7013億円にのぼることが、わかった。ゲオ・ホールディングスの子会社、ゲオが関西大学の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)の協力を得て、試算。2017年8月22日に発表した。

   前回調査(2015年)の1兆6489億円から、約500億円増加した。

  • 「埋蔵携帯」の価値、1兆7000億円
    「埋蔵携帯」の価値、1兆7000億円

「埋蔵携帯」の有効活用ができていない?

   「埋蔵携帯」の総額価値は、まず1人当たりの平均携帯保有台数から平均契約携帯台数を差し引き、日本における実際に携帯電話を保有している人数を掛けたものを「埋蔵携帯台数」と定義。次に、「埋蔵携帯台数」に中古携帯の平均買い取り価格を掛けることで算出した。

   埋蔵携帯の資産価値が前回調査から増加した点について、ゲオは「中古携帯市場が注目を集めている一方で、使わなくなった携帯電話を売るという習慣が根付いていない」と分析している。

   ゲオでは、2014~17年の中古携帯の売上数量が前年比35%増で毎年推移しており、今後さらに拡大していく見込みとみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中