2020年 1月 19日 (日)

米トイザラス破たんは「時代の流れ」? 日本の店舗は大丈夫なのか......

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米玩具大手のトイザラスが経営破たんした。

   ただ、日本にあるトイザらスの店舗は破産手続きの対象外で、日本トイザらス広報部はJ‐CASTニュースの2017年9月19日の取材に、「現時点では日本法人に影響はない」とコメントしている。

  • 日本トイザらスは大丈夫なのか?
    日本トイザらスは大丈夫なのか?

日本トイザらスは破たん手続きの対象外

   米トイザラスは、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条を米破産裁判所に申請したと、2017年9月18日(現地時間)に発表した。同社は、アマゾン・ドット・コムなどインターネット通販の台頭の影響で、業績不振に陥っていた。

   負債総額は約50億ドル(約5600億円)にのぼるが、米国とカナダ以外の店舗については破産手続きの対象外になっている、と伝えられている。

   一方、日本トイザらスは、2010年に米トイザラスに完全子会社化されたが、17年4月には米トイザラスと小売事業を運営する、香港のファン・リテイリングの合弁事業である「トイザラス・アジア・リミテッド」のグループメンバーとなっている。そのため、米トイザラス破たんに巻き込まれず、生き残ったようだ。

   米トイザラスの経営破たんに、インターネットの掲示板などでは、

「時代の流れだな」
「店で買うほうが思い出になるけどな」

などの声があがる一方で、

「デカいだけでたいして安くないしなくなってもいいや」
「トイザラスは正直微妙だったよ」

といった声もあがっている。

   とはいえ、気になるのは日本トイザらスの今後だ。周知のとおり、日本でもおもちゃ市場は少子化の影響が懸念される。大丈夫なのだろうか――。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中