楽天、格安スマホの「フリーテル」を買収 MVNO事業を強化

印刷

   楽天は、格安スマートフォンサービスの「フリーテル」を買収すると2017年9月26日に発表した。「フリーテル」ブランドでMVNO事業とSIMロックフリー端末の製造・販売を手がけるプラスワン・マーケティングから、MVNO事業を5億2000万円で買い取る。

   端末の製造・販売事業はプラスワン・マーケティングに残し、国内MVNO事業だけを分割する。楽天が11月1日付で事業を引き継ぐ。

  • 楽天が「フリーテル」を買収
    楽天が「フリーテル」を買収

プラスワン・マーケティングとの協業も

   フリーテルのMVNO事業の売上高は、約43億2900万円。この事業の資産は18億7700万円、負債が30億9000万円で、楽天が承継する。楽天は、買収によって「楽天モバイル」で展開しているMVNO事業を強化するとともに、プラスワン・マーケティングとの協業に向けた取り組みも進める。

   格安スマホは成長市場だが、新規参入者がひしめいている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中