立ち上がれ!明治!! 独議会選挙は波乱なし、「動かぬ」相場でどう動く

印刷

   北朝鮮によるミサイルの発射や水爆実験と、それをめぐる米国のトランプ大統領の発言に揺れた9月も最終週。円買いへの警戒感が高まる一方で、米国の長期金利が上昇しており、12月の米利上げを期待したドル高が進んでいる。

   そうしたなか、注目されたドイツ連邦議会選挙は、メルケル首相の4選が決まった。ただ、キリスト教民主・社会同盟が第1党を維持したものの、AfD(ドイツのための選択肢)が第3党に躍進。連立政権の枠組みをめぐる動きが、為替相場に与える影響もあるかもしれない。そうした状況のなか、明治大のRWはロスカット・ショックから立ち直れただろうか――。

  • 明治、復活の足がかりに……
    明治、復活の足がかりに……

好調!? 590円の評価益のまま次週へ(早稲田)

9月22日(金)

   北朝鮮騒動による円買いで、ドルは大きく下落した。しかし、これは強い上昇トレンドの途中における一時的な下落であると判断。これから値は上げ戻すと考え、12時11分に111.789円で1000ドルを買い持った。

9月25日(月)

   この日も、ドルは下落。しかし、逆指値にかかることがなく想定内の下落だったため、越週したポジションを決済することはなかった。このまま様子を見ることにする。

9月26日(火)

   ドルは昨日の下落と比べて、今日の日足は値を上げた。上昇トレンドの中の一時的な下げが終わり、ボリンジャーバンド(移動平均を表す線と、その上下に予想される値動きの範囲を示す線を加えた指標。バンドの拡大・縮小・傾き具合によって相場の勢いを確認するのに有効である)の+2α線(二番目の上下線で、為替相場が動くと予想される範囲を示す線)に向けて値を戻した。+2α線までは届かなかったものの、このまま様子をみることにして取引は見送った。

9月27日(水)

   この日は1日を通して上昇トレンドであった。日足はボリンジャーバンドの+2α線に限りなく近づき、大局的な読みが正しかったとことを確信した。ただ、23時(日本時間)に発表された8月の米国中古住宅販売の結果以降、一時間足において大きく下落したことが気がかり。このまま様子を見ることにして、取引は控えた。

9月28日(木)

   この日の15時を境にして、ドルが下落した。ただ、大局的なトレンドが変わったわけではないと考えている。取引は見送った。

保有建て玉は、1000ドルの買い持ち。評価益はプラス590円。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ。
9月28日現在 9889円

読みはピタリ! あとは利食いのタイミング(明治)

9月26日(火)

   19時くらいに1分足チャートでレンジ相場と緩やかな上昇トレンドができていたので、レンジの下限でドル・ロング(ドル買い)を入れた。その後レンジをブレイク(意識されているレンジの一定水準を抜けた場合に使われる用語で、一般的に上抜けの場合は『ブレイクアウト』、下抜けの場合は『ブレイクダウン』と呼ぶ。ただ、上抜けも下抜けも「ブレイク」と略して使われる。このケースはブレイクアウトにあたる)したので、ボリンジャーバンドを見ながら利食い。

   しかし、利食いした後にもっと値が上がったので、今後は利食いのポイントをもう少しきちんと見極めていきたい。

111.693円で買い、111.764円で決済した。

前週からの損益 71円のプラス。
9月28日現在 6277円

経済指標に反応しない市場に「静観」(慶応)

9月21日(木)

   この日3時(日本時間)の米国の政策金利の発表でトレードしたかったが、事情があって取引できなかったのがとても残念だった。どの程度のスリッページ(注文の成立時に生じる、指定したレートと実際に約定したレートとの差のこと。相場の急落や急騰などの状況により、スリッページが大きくなる場合がある)が発生したかは不明だが、それでも大きな利益を狙えるチャンスだったことは確かだ。

   7時45分発表のニュージーランドの四半期GDPは、特に目立った動きはなく静観。15時30分からの黒田東彦日銀総裁の記者会見についても、チャート形状から会見開始後、急に円高が進むようであればドルを売りたいと考えていたが、実際は穏やかに円安が進んだため取引することはなかった。

   この日は夜間も欧州や米国で経済指標の発表があったが、いずれも大きな値動きとなることはなく、結局、この日は取引を見送った。

9月25日(月)

   14時35分ごろに黒田総裁の記者会見が予定されていたが、相場は特に反応しなかった模様。結局、この日も取引を見送った。

9月26日(火)

   この日も、特に大きな値動きの予想される経済指標の発表はなく、取引を見送った。

前週からの損益 プラス・マイナスセロ
9月28日現在 1万153円

プロフィール
早稲田大学 惟光
早稲田大学文学部2年、埼玉県出身。尊敬する人は、「投資の神様」ウォーレン・バフェットに紫式部! 旅行や写真が大好きで、サバの竜田揚げも大好き。 将来は「チャンスを平等にすることがしたい!」という。これまでFXはスキャルピング(ポジション保有後、短時間の内にわずかな価格変動から儲ける方法)で取引していたが、最近はスイングトレードに転向した。仮想通貨の取引も始めるなど、投資への関心は強く熱い。
明治大学 RW
明治大学総合数理学部2年、長野県出身。好きな歌手は、乃木坂46。趣味は映画観賞や乃木坂46が出ている番組の視聴で、週末などに楽しむ。将来は、IT系の仕事に就きたいと考えているが、今は単位を落とさないようにするのに必死。(笑)株式投資からスタートし、最近はビットコインを少々カジッたところ。為替相場は株式投資にも影響する大きな材料。FX投資はデモ口座でやったことがある程度だが、大学対抗戦となれば、話は別。経験を積みながら、トップを狙う。
慶応大学 石油王
慶応大学商学部3年、京都府出身。好きな歌手はCHEMISTRY。将来は証券ディーラーになりたい! 小学生のとき、父のFX投資を間近に見ていたことをきっかけに、為替に興味を持つ。中学1年のときのリーマンショックで怒涛の円高を目の当たりにし、この時に円を売っていれば大儲けできたのではないか、と気付いたという筋金入りのFX投資家。現在はテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形状を判断材料としてトレードする手法を研究中。為替相場の世界で大成功を収めることを夢見て、日々精進中という。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中