2019年 9月 19日 (木)

社長、どっかの党首とダブります 必要なのは目新しさではありません(大関暁夫)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「小泉政権」から学ぶこと

   郵政民営化という小泉氏を象徴する旗印。これは橋本行革の延長線の中で、具体的な改革を進め、行政のムダを省き、民間活力の向上を実現する政策として国民の期待を集め、政府が一体何を目指し、何をしてくれるのかをわかりやすく提示したということだったのです。

   これを企業経営に置き換えるなら、「ビジョンの提示」に他なりません。ビジョンの有無、それがイメージ先行で盛り上がったブームをブームで終わらせるか否かの大きなポイントを握っていたと思うのです。

   小泉内閣の跡を継いだ、第一次安倍内閣、福田内閣、麻生内閣。そのいずれもが短命に終わった理由もまたビジョンの欠如に他ならなかったと思います。さらに言うなら、その後、具体的ビジョンを掲げて自民党から政権を奪取した民主党政権は、掲げたビジョンの実現がまったくできない失望感から自滅するという末路を辿っています。

   明確なビジョンを持ち、その実現に向け着実に引っ張っていくリーダーシップこそが、国だけでなくあらゆる組織の円滑な運営においては、最も重要なことでもあるのです。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中