衆院解散で宙に浮く「働き方改革」 お蔵入り? 温存される「残業依存体質」(城繁幸)

印刷

   突然の解散、総選挙の実施により、今国会で審議予定だった働き方改革関連法案の審議が先送りされることとなった。いや、今や注目度は安保や政界再編そのものに向いているので、次の国会で審議されるかも雲行きは怪しくなってきたように思う。

   そもそも、過労死や長時間残業といった日本の労働問題の根幹は、「少数の正社員を、残業をバッファーとしフルタイムで働かせるかわりに、年金支給開始年齢まで雇用を保証させる」という終身雇用制度にあり、そこにメスを入れない限り対処療法の域を出るものではない。一部の専門職に限定して時給管理を外す高度プロフェッショナル制度や残業時間に上限をつけるだけの今回の法案で劇的に何がどう変わるものではないが、それでも改革の芽となる可能性はあっただけに残念な状況には違いない。

  • 衆院選に突入、「働き方改革」はお蔵入りか!?
    衆院選に突入、「働き方改革」はお蔵入りか!?

会社は喜んでやる! 残業時間「制限」は実質的な賃金カットだ

   ところで、現在、最も困っているのは連合である。彼らは長年「時給で払え!」と主張し、ホワイトカラーエグゼンプションなどの脱時間給の動きに強硬に反対してきた。とはいえ、別に時給で払わせたところで本人の生産性以上に払えるわけでもないから、その分、ボーナスなどが低く抑えられて時給にまわされただけのこと。

   そういう意味では、ある程度は無理にでも残業しないと稼げないような「残業依存体質」をつくってきたのは、連合自身と言える。

「株式会社電通に2015年に入社された新入社員女性の自死が先月末に過労自死として労災認定されました。その後、連日のように長時間労働問題についてメディアで報道されています。広告業界で働く人々のより良い環境作りに日々取り組んでいる広告労協としても、今回の件は誠に残念でなりません。(中略)
広告会社は、クライアントとメディア・消費者をつなぎ、斬新な発想やアイデアを生み出す、という命題の中で、社会のIT化、メディアの多様化、広告効果効率の厳密化などにより業務量が激増しています。環境変化のスピードに会社も対応できず、業務はより専門的、複雑化して現場社員の一人一人に負荷がかかっている状況もあります。
業界の過渡期といえるかもしれませんが、私たち現場で働く人々の生活が充実してこそ、この難局を乗り越えられるのではないでしょうか。」

   これは、電通の過労死問題に対する広告労協の公式コメント(2016年10月31日公表)である。読めばわかるが、そこには会社や経営陣に対する怒りや抗議は一切なく、ただただ事態に困惑している様子がはっきりとうかがえる。

   これは日本の正社員労組の過労死に対する典型的スタンスと言っていい。

   だが、社会からの風当たりが強まった結果、有名企業はどこも自主的に残業時間に厳しい上限をつけるようになった。残業でもとを取るようなシステムをつくっておきながら、その残業が制限されてしまったわけだ。

   これは実質的な賃金カットに他ならない。その影響を危惧する声はすでに出始めている。

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中