懸念材料は衆院選 9月の街角景気 現状判断指数は3か月ぶり改善

印刷

   内閣府が2017年10月10日に発表した9月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、街角の景気実感を示す現状判断指数(DI、季節調整済み)は前月比1.6ポイント改善し、51.3だった。

   現状判断指数が節目とされる50を上回ったため、内閣府は基調判断を従来の「持ち直しが続いている」から「着実に持ち直している」に変更した。

  • 街角景気、9月は上向いたけど……
    街角景気、9月は上向いたけど……

気温の低下で秋物衣料など堅調

   9月の街角景気を部門別にみると、家計動向関連DIが2.3ポイント改善して50.1となり、2016年11月以来10か月ぶりに50を上回った。気温の低下で秋物衣料など、小売りが堅調だった。また、企業動向関連DIは0.3ポイント上昇の52.3。非製造業の改善が目立った。雇用関連DIは0.4ポイント低下して57.0となった。

   一方、2~3か月後の先行きを示す、先行き判断指数(DI)は0.1ポイント低い51.0となった。背景に、衆院選後の消費環境をめぐる不透明感が重荷になっているようだ。引き続き、人手不足や北朝鮮情勢に対する懸念も拭えない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中