ファミマ、不採算のサークルKとサンクスを店じまい

印刷

   ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は、2018年2月までにコンビニエンスストアの「ファミリーマート」との統合を進めている、傘下の「サークルK」と「サンクス」の664店舗を閉店すると、2017年10月11日に発表した。当初の計画から、295店舗を追加で閉める。

   J‐CASTニュースの12日の取材に、同社は「不採算店舗の整理のため」と、理由を説明した。

  • 「サークルK」「サンクス」不採算店舗を店じまい
    「サークルK」「サンクス」不採算店舗を店じまい

ファミマへの転換ではなく閉店

   サークルKとサンクスは、2016年9月にファミリーマートと経営を統合。同年8月時点で6300か店あった店舗を、18年8月末までに5000店舗のファミマに切り替えていく計画で、この1年間で約1700か店をファミマの看板に切り替えた。

   両店は17年8月末時点で3300店舗が残っているが、このうちの664か店の不採算店舗を閉める。ユニー・ファミリーマートHDは、「今回の閉店はファミリーマートへの転換ではなく、店舗自体の閉店」と説明している。

   ファミリーマートは17年8月末時点で、全国に1万4500店舗を展開している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中