ファーストリテイリング、過去最高益 ユニクロの海外事業が好調

印刷

   カジュアル衣料の「ユニクロ」や「GU」を運営するファーストリテイリングは、2017年8月期決算が過去最高益を記録したと10月12日発表した。売上高は前期比4.2%増の1兆8619億円、営業利益は38.6%増の1764億円、純利益は約2.5倍の1192億円だった。

   2018年8月期(通期)の業績は、売上高が10.1%増の2兆500億円、営業利益は13.4%増の2000億円、純利益が0.6%増の1200億円を予想している。

  • ファーストリテイリングの柳井正社長(2012年撮影)
    ファーストリテイリングの柳井正社長(2012年撮影)

ユニクロの国内事業は増収減益

   ユニクロの海外事業の営業利益が95.4%増の731億円となったことで、グループ全体の業績をけん引した。米国の赤字が半減したことや、東南アジア・オセアニア地区の業績が好調だったことで、大幅な増益となった。

   一方、国内ユニクロ事業は増収減益となった。「ワイヤレスブラ」「感動パンツ」などがヒットして、売上高は1.4%増の8107億円と増収となったが、人件費や物流費の増加によって営業利益は959億円と6.4%減った。

   ユニクロ店舗数は、2018年8月期末には国内831店舗、海外1246店舗に達する見込み。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中