「サトウのごはん」発売後初めての値上げ 1パックあたり2~10円

印刷

   「サトウのごはん」でおなじみの佐藤食品工業は、2017年11月21日の出荷分から、包装米飯の一部商品を値上げする。10月17日の発表。値上げは1988年の発売以来、初めてのこと。

   対象は、包装米飯の販売量の約3割にあたる31品目。希望小売価格で1パックあたり2円~10 円の値上げとなる。

  • 「サトウのごはん」発売以来初めての値上げ
    「サトウのごはん」発売以来初めての値上げ

原材料の「国内産うるち米」が3年連続で上昇

   無菌化包装米飯の「サトウのごはん」は、「ご家庭で炊いたごはんと変わらぬ美味しさ」をコンセプトに、「国内産うるち米」のみを原材料として製造、販売してきた。

   同社によると、「国内産うるち米」の市場価格が2015 年から3年連続で上昇していることに加えて、人手不足による人件費と物流費の上昇が重なった。そうした中で、さまざまな業務効率化やコスト削減に尽力したが、「自社の努力のみではコストを吸収することが困難になった」と、値上げの理由を説明している。

   たとえば、「サトウのごはん 銀シャリ」や「北海道産きらら」「宮城県産ひとめぼれ」「秋田県産あきたこまち」「麦ごはん」(いずれも、内容量200グラム)などの希望小売価格を、現行の税別150円から160円(6.7%アップ)に引き上げる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中