「スーツ×スニーカー」の鈴木先生 さすがにカッコ悪いですよ!(篠原あかね)

印刷

   2017年10月2日、スポーツ庁がビジネスパーソンのスポーツ参画人口拡大を通じて国民の健康増進を図る官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」をスタートすると発表しました。

   記者会見に臨んだスポーツ庁の鈴木大地長官は、スーツに白のスニーカーという出で立ち。私は見た瞬間、失礼ながら「格好悪い...... なんか学校の先生みたい」と思ったのです。

  • 定番のスタイルはこれ!
    定番のスタイルはこれ!

せっかくの商談が「あ~~」という気持ちでいっぱいに......

   鈴木長官が言わんとしていることはよくわかります。

   日々の通勤に「歩く」ことを取り入れて健康増進を図りましょう! そのためには、歩きやすいスニーカーを利用しましょう! ということですよね。

   それにしてもなぜスーツにスニーカー? すでにネットでも賛否両論あるようですが、マナー講師をしている私の立場からすると、これには違和感しかありません。

   スーツには革靴。日本では、これがスタンダードとして長年定着しています。そして、カジュアルな服装にはスニーカーです。これが、それぞれの機能性を最大限に活かすための組み合わせなのです。

   通勤時にスニーカーを履いて、会社に着いたら革靴に履き替えればいいじゃない? という意見ももちろんあるでしょう。では、営業担当者はどうするのですか?

   たくさん歩きますよ。スニーカーですか? 私は、結局は革靴をはいて得意先を回ることになるではないかと思っています。理由は先に述べたように、長年「スーツ×革靴」の組み合わせが多くの人に刷り込まれているからです。

   特に40代後半以上のビジネスパーソンは、相手が「スーツ×スニーカー」姿で現れたら、間違いなく違和感があります。ニュースでこの取り組みを知っていたとしても「あ~~...」という気持ちになると思うのです。

   「スーツ×革靴」であれば、なんの違和感もなく、スムーズに商談に入れるところを、あえて「あ~~」という感情を挟ませる必要があるのでしょうか?

「スーツ×革靴」これが日本のスタンダード!

   スポーツ庁のホームページを見ると、事業内容の最初に

(1)事業の推進
ビジネスパーソンの日常での「歩く」習慣の定着促進(運動促進)
※「歩く」を促進するための「歩きやすい服装」での通勤の奨励

   とあるのです。

   つまり、鈴木長官の記者会見での「スーツ×スニーカー」という組み合わせを、スタンダードと解釈しなくてもいいわけですよね。

   だったら、1週間に1回はカジュアルデーにして、ひと駅分歩いて通勤しましょうとか、営業へ行きましょうでもいいわけですよね?

   そのほうが見てるほうも自然だし、スニーカーを履く自分にも違和感がないのではないでしょうか。さまざまなプロジェクトを打ち出すのは結構ですが、今回はあまりにインパクトのある「お姿」で見ている国民がドン引きした。そんな国民のひとりとして言いたいのです。(篠原あかね)

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中