その30 路上の「喫煙所」「こんなものいらない!?」(岩城元)

印刷

   東京・銀座の数寄屋橋交差点の近くを歩いていると、たばこの煙のニオイがかすかに漂ってきた。

   このあたりの公共の場所では、喫煙所でしかたばこを吸えないはずである。周りを見渡しても、喫煙所はないし、たばこを吸っている人もいない。探ってみると、たばこの煙は道路脇にある小さな公園の奥から流れてきている。

  • 東京・池袋東口にある喫煙所。覆いはあるが、天井はないし、出入り口に戸もない。
    東京・池袋東口にある喫煙所。覆いはあるが、天井はないし、出入り口に戸もない。

小学校近くの公園でも漂う、たばこの煙

   煙のニオイを追って歩いていくと、公園の端に木立があり、10人ほどの男女がそこでたばこを吸っていた。大きな吸殻入れも置いてある。ここが役所の設けた喫煙所なのである。

   だが、この喫煙所には煙の拡散を防ぐ覆いのようなものがない。煙は木立を縫って、おおっぴらに周りに広がっていく。人通りは多くないのだが、通行人は否応なしに他人のたばこの煙を吸わされ、受動喫煙の被害者となる。

   しかも、喫煙所と接するようにして、小学校の校舎がある。子供たちは窓も開けられないだろう。ちなみに、ここは明治11(1878)年設立の東京都中央区立泰明小学校で、特徴のある校舎が銀座名物のひとつでもある。

   喫煙による煙にはさまざまな有害物質が含まれているが、喫煙者が肺に直接吸い込む「主流煙」よりも、たばこの先から立ち上る「副流煙」のほうがより危険だと言われている。受動喫煙とはこの副流煙と、喫煙者が吐き出す「呼出煙(こしゅつえん)」の混ざったものを周りにいる人が吸わされることである。

煙をシャットアウトして!

   僕は大学生の時から、ほぼ40年間もたばこを吸ってきた。今はやめているが、喫煙者に対してそれなりの理解はあるつもりだ。喫煙者と非喫煙者が「共存」できればいいし、喫煙所があちこちに設けられるようになったのも、いいことである。でも、覆いも何もない喫煙所のそばを通って受動喫煙をしたくはない。

   その点、東京・池袋の駅近くにあるいくつかの喫煙所には、いずれも高さ2~3メートルの壁のような覆いがついている。ただし、天井はないし、出入り口には戸がない。おかげで、たばこの煙が道路にどんどん流れてくる。

   これでは数寄屋橋の喫煙所とたいして変わりがないが、池袋では割合に広い道路の脇に喫煙所が設けられているので、少し遠回りして歩けば、たばこの煙を避けることもできる。

   ところが、東京・渋谷のスクランブル交差点脇の喫煙所は、道路自体が広くないところに設けられている。おかげで、内部は狭く、そのせいか喫煙所の外で吸っている連中が目立つ。池袋と同じく壁状の覆いはあるが、天井はないし、出入り口に戸もない。受動喫煙を避けてそばを通ることは難しい。

   「喫煙所」と称するからには、煙ができるだけ外部に漏れないようにすることが第一ではないか。百貨店などの室内の喫煙所はおおむねそのようになっているが、路上の喫煙所はまだまだである。副流煙や呼出煙を、無神経に撒き散らしているようでは、喫煙者と非喫煙者の共存は望めないだろう。(岩城元)

※「こんなものいらない!?」委員会は、みなさまからのご意見をお聞きしています。ぜひ、下記のワンクリック投票にご参加ください。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中