2019年 12月 14日 (土)

引き取りに来ないワイシャツにブラウス 忘れちゃった? クリーニング店が苦慮

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   大切なはずの衣類なのに、クリーニング店にワイシャツやブラウスを預けたまま長期間引き取らずに放置しているケースが少なくないことが、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会(全ク連)の「長期間放置品についての実態調査」でわかった。

   全ク連によると、全国の約9割のクリーニング店で、長期間引き取られずに放置されている衣類があるという。そこには、放置せざるを得ない事情があるようだ。

  • 自分でやるのは大変でしょう……
    自分でやるのは大変でしょう……

約9割が長期間保管 なかには25年以上のケースも

   全ク連の調査によると、「仕上がり予定日を過ぎても数か月~1年程度以上引き取りのない品物(長期間放置品)があるか?」という質問に、約9割にあたる87.4%が「ある」と答えた。

   また、こうした長期間放置品の数は、「10~19点程度」との回答が27.2%(101か店)で一番多く、「1~9点以下」(24.2%、90か店)、「20~49点程度」(23.9%、89か店)がいずれも24%前後で続いた。「200点以上」も2.4%(9か店)あった。

   さらに、「一番古い放置品はいつ頃のものか」という質問には、「3~5年未満」が23.2%でトップ。次いで「5~10年未満」が20.5%だった。「25年以上」と答えた店も、5.9%あるというから、驚きだ。

   長期放置品の多くは「ワイシャツ・ブラウス」で68.6%を占め、「セーター・カーディガン」が58.7%、「スーツ類」も53.9と半数以上。コートなどの季節的な衣類よりも、ふだんからよく着るものが多いこともわかった。

   店側は、「受け付けの際は必ず電話番号を聞く」「2か月過ぎても来店しないときは電話する。配達する」などの対応をとっているものの、長期放置品が「ある」と答えた人に1年間にどれくらい増えるのか聞いたところ、67.9%が「1~9点以下」と回答。「10~19店程度」が22.8%、「20~49店程度」も6.8%あった。年間100点ほど増える店も、わずかとはいえあるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中