2019年 8月 23日 (金)

【34】もう若くない! それでもグンと伸びる? 40代からの「単語帳」断捨離学習法(井津川倫子)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   40代での英語やり直しは、学生時代に身についた勉強法をどれだけ捨てられるかで成否が分かれます。

   私は、これまでにご紹介した「ラジオ講座」「辞書」に加えて、「単語帳」を捨ててうまくいきました。単語帳を捨てたとたん、勉強の仕方が変わって効率がグンとよくなったのです。さて、その理由は......

  • 単語帳は捨てる!
    単語帳は捨てる!

秘策その17 単語帳を捨てよ!

   じつは、40代後半で英語やり直しにチャレンジした当初は単語帳をつくっていました。

   参考書や問題集で出会った、知らない単語や重要単語を抜き出しては、一つひとつ意味を調べて、単語帳に書き込んでいました。まさに受験勉強のノリです。

   しかも、学生時代と比べて記憶力の衰えを痛感している中年です。努力で衰えをカバーすべく、せっせと単語帳の作成に勤しみました。

   ところが、「後で見直そう」、そう思って単語帳を充実させるうちに、単語帳の作成が負担になっていることに気がつきました。私はTOEIC L&Rに挑戦しましたが、単語帳をつくる時間ばかりが増えて、肝心の予想問題を解く時間が減っていたのです。

   これではまったくの本末転倒です!

   負担になっていたのは、時間だけではありません。

   単語帳をつくる時は「後で見直そう」と決意するのですが、なかなか見直す時間が取れません。単語帳のページは増えても、覚えた単語の数はいっこうに増えない。

   そうなると、「ちゃんとやらなくちゃ」と焦る気持ちだけが募り、だらしない自分を責めるはめに...... 自己嫌悪が高じて、TOEIC受験をやめてしまおうかとまで思い詰めました。精神的にも負担になっていたのです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中