三菱UFJ信託に住宅ローン「撤退」報道 「さまざまな検討を行っている」

印刷

   三菱UFJ信託銀行は、住宅ローン業務のあり方についてさまざまな検討を行っていることを、2017年10月30日に明らかにした。

   日本経済新聞が同日付の朝刊1面で、また時事通信(ウェブ版)が、同社が2018年4月に住宅ローン事業の新規融資から撤退する、と報じていた。

  • 三菱UFJ信託の住宅ローン事業をめぐり…(画像は、三菱UFJ信託銀行の公式サイトから)
    三菱UFJ信託の住宅ローン事業をめぐり…(画像は、三菱UFJ信託銀行の公式サイトから)

マイナス金利で住宅ローン事業の採算悪化

   報道について、三菱UFJ信託は「本日、一部報道機関より、弊社の住宅ローン業務に関する報道がなされておりますが、弊社が発表したものではありません」と発表。そのうえで、「弊社は住宅ローン業務のあり方について、さまざまな検討を行っておりますが、現時点で決定した事実はございません」とした。

   報道によると、三菱UFJ信託は、日銀のマイナス金利政策で住宅ローン事業の採算が悪化しており、富裕層の資産運用など収益性の高い分野に経営資源を傾けるとしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中