任天堂「スイッチ」好調だけど... 君島社長「もっと準備できていれば」

印刷

   任天堂の君島達己社長は、2017年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の品切れが発生した原因として、発売前の準備不足をあげた。

   任天堂が2017年10月31日に開いた18年3月期第2四半期(4~9月期)決算説明会で明らかにした。

  • 「ニンテンドースイッチ」の公式サイト(画像は、スクリーンショット)
    「ニンテンドースイッチ」の公式サイト(画像は、スクリーンショット)

1400万台に販売目標を引き上げた

   「ニンテンドースイッチ」の売れ行きについて、君島社長は決算説明会で、「全世界で当初予測を上回る販売状況になっています。お客様の需要がハードの供給量を上回ったため、世界各地で品不足が続いてきました」とコメント。そのうえで、「本体をあらかじめもっと準備できていれば、さらに販売が伸びていた可能性もあります」と、発売前の準備不足を悔やんだ。

   スイッチは、2017年9月までに763万台が売れたが、現在もなお品薄状態が続いている。任天堂は、18年3月期の販売目標を1000万台から1400万台に引き上げ、生産体制を強化する方針。

   スイッチの好調な売り上げを反映し、同社は18年3月期の業績予想を大幅に上方修正した。売上高を前回予想から2100億円増の9600億円(前期は4890億円)に修正。前期比で2倍近い増収になる見通し。また、本業のもうけを示す営業利益は、550億円引き上げ1200億円(同293億円)に、最終利益は400億円引き上げて850億円(同1025億円)とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中