2018年 9月 25日 (火)

「値上げ効果」で2年7か月ぶり減少 ヤマト、10月の宅配便 

印刷

   宅配便最大手のヤマトホールディングス(HD)は、2017年10月に取り扱った宅配便が前年同月と比べて1.1%減の1億4402万個だったと、11月7日に発表した。前年同月の実績を下回るのは15年3月以来、2年7か月ぶり。

   17年度の荷物量は、前年度より約4100万個少ない18億2600万個になる見通しという。

  • ヤマトの荷物量、減った!
    ヤマトの荷物量、減った!

数百社と契約終了

   ヤマトHDは、インターネット通販を利用する人の急増を受けて、宅配ドライバーらの違法な長時間労働が常態化したことから、荷物量の削減を狙い、約1100社の法人顧客と運賃の値上げ交渉を、9月末を目標に進めてきた。

   運賃の値上げは9割の企業と交渉を終え、その結果、数百社との契約が終了することを10月31日に開かれた17年9月中間決算の記者会見で明かしていた。

   17年度の荷物量は、当初18億3100万個が目標だったが、さらに500万個減らせるとみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中