みずほFGが構造改革 従業員1.9万人、100店舗削減へ

印刷

   みずほフィナンシャルグループ(FG)が、10年後の「将来」を見据えて抜本的な構造改革に乗り出す。2017年11月13日の記者会見で明らかにし、公式サイトでも資料を公開した。

   目指すべき方向として、「テクノロジーの活用」「他者連携等のオープンな取り組み」「グローバルな視点」を掲げる。

  • みずほFGが構造改革(画像は、みずほFGのホームページ)
    みずほFGが構造改革(画像は、みずほFGのホームページ)

中間純利益は11.5%減、2年連続の減益

   みずほFGの構造改革は、ITや人工知能(AI)などのテクノロジーを活用することで業務量を削減するのが柱。2026年度末までにグループの従業員数を約1万9000人減らす方針で、17年3月末時点で7万9000人いる従業員(臨時従業員含む)を6万人にスリム化する。

   また、グループ傘下のみずほ銀行とみずほ信託銀行、みずほ証券の店舗の統廃合や共同店舗化を進め、24年度末までに現在約500ある国内拠点を約400拠点に減らす。

   なお、11月13日に発表した17年4~9月期連結決算は、純利益が前年同期比11.5%減の3166億円だった。減益は2年連続。マイナス金利の影響で、銀行業務の収益力が悪化している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中