「闇金ウシジマくん」に学んだ「お金が貯まる」1万円札の扱い方(北条かや)

印刷

   「闇金ウシジマくん」(小学館)という漫画が大好きで、よく読んでいる。 違法な取り立てを行うヤミ金業者「カウカウファイナンス」の社長、「ウシジマくん」が主人公の人間ドラマで、コミックは累計1200万部の大ヒットを記録している。映画化やドラマ化もされた名作だ。この漫画から学んだことはたくさんあるが、なかでも私が日々、実践しているのは「1万円札の扱い方」である。

  • 「諭吉さんの頭」を上にしていると……
    「諭吉さんの頭」を上にしていると……

諭吉は頭を下にして入れろ!

   「ウシジマくん」では、主人公のウシジマが、従業員のマサル(ヤンキー上がりのちょっと生意気な若者)に、お金の取り扱い方を教えるシーンがある。お客から回収した1万円札を、雑に財布へ入れようとするマサルに、ウシジマくんが「諭吉は頭を下にして入れろ」と、叱責するのだ。

   なぜ、福沢諭吉の「頭を下」にして入れるのかというと、大金である諭吉が「逃げない」ようにするためらしい。お金を大事に扱い、お金が逃げないように、貯まるようにと願掛けするようなものだろうか。義理堅いウシジマくんのことだから、お金に対しても敬意を表しているのかもしれない。

   ジンクスや願掛けをあまり信じない私は、当初「ふ~ん、そういう考え方もあるのか」くらいの感想しか持たなかった。しかし、何かのきっかけで「真似してみようかな」と思い、いざやってみると、これがけっこう気持ちいい。

   最初こそ、高貴な(?)諭吉様を財布に「逆立ち状態」で詰め込むことに申し訳なさを感じたが、そのうち「お、今日はキレイに入れられたな」とか、「よく見るとこのお札、ピン札じゃないか、嬉しいなぁ」など、福沢諭吉に触れるたびにいろんなことを思い、丁寧に扱うようになったのだ!

貯金のスピードもアップした気がする

   私は常に、財布に3万円は入れておく主義である。なにかあった際、実家に帰るのに新幹線で1万5000円かかるので、その分と、これも何かあったときのために、1泊分のホテル代を入れている。

   つまり、お財布の中では、常に3人の福沢諭吉がそろって逆立ちで整列している状態。その様子を見ていると、「こんなに綺麗に整列してもらっているのだから、お金は大事にしなきゃなぁ」と思うのだ。

   ムダ遣いをしては、逆立ちしている諭吉様に失礼かもしれない。そう思うと、1万札を崩すのにも慎重になる。崩した5000円札の樋口一葉や、1000円札の野口英世にも「逆立ち」してもらうと、すべてのお金に「申し訳ない」という気持ちになり、なぜかやたら丁寧に扱うようになったのだ。お札を揃えて、逆立ちさせるだけで、この効果。なかなかいいではないか。

   ......と思ったが、私は普段の決済をほとんどクレジットカードで行っているので、実際はあまり意味がないのかもしれない。でも、精神的には「お金を大事にしよう」と思えていることで、心なしか、貯蓄のスピードが早くなった気さえするのだ。自信を持ってオススメできる習慣である。

   皆さんもぜひ、「諭吉の逆立ち収納」やってみて下さい。(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中