「4Kテレビ」市場けん引 10月の国内出荷、2割増

印刷

   電子情報技術産業協会(JEITA)の「民生用電子機器の国内出荷実績」によると、高精細映像技術「4K」に対応した薄型テレビの2017年10月の国内出荷台数は、前年同月と比べて21.8%増の11万4000台だった。11月27日に発表した。

   薄型テレビ全体は19%減の28万5000台だったが、4Kテレビが薄型テレビ全体に占める割合は39.9%にのぼった。

  • 好調! 4Kテレビ(画像は、パナソニックのホームページ)
    好調! 4Kテレビ(画像は、パナソニックのホームページ)

薄型テレビ全体では伸び悩み

   出荷金額ベースでみると、4Kテレビの出荷金額は199億円で、薄型テレビ全体(284億円)の70.2%を占めた。出荷台数、出荷金額とも、4Kテレビの伸びが際立った。

   有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビは、出荷台数が7000台、出荷金額で27億円となった。

   なお、民生用電子機器全体の出荷金額は1.3%減の1035億円で、4か月連続でマイナス。内訳は、映像機器が2.7%減の462億円、オーディオ関連機器は6.2%増の104億円で前月に続きプラスとなった。カーAVC機器は1.5%減の469億円だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中