【緊急連載】カス丸と学ぶ、忘年会の乗り切り方(その1)忘年会って、なんでヤルの?

印刷

   もう、あと1か月で2017年も終わり。いよいよ本格的な忘年会シーズンに突入です。「もう、お誘いがありました!」といった新米社員もいるでしょうが、初めてでなくても、取引先から忘年会のお誘いに戸惑う人は少なくありません。
   なにしろ忘年会での過ごし方まで、懇切丁寧に教えてくれる会社はそうはないでしょう。こればかりは場数がものをいうのかもしれません。
   そこで、わたし小野勝弘が「キャリアコンサルタント・カウンセラー」という立場から、J‐CASTニュース編集部のカス丸記者に、忘年会の乗り切り方を伝授いたします。

   駆け出し記者のカス丸きゃすう。いよいよ忘年会シーズン。最近は営業案件が増えてきて大忙し。先日も先輩に、「そろそろ取引先から忘年会の誘いがたくさん来る時期だから頑張れよ!」と言われたじぇい。
   ただ、ボクとしては、お酒があまり飲めないうえに、「接待」ってちょっと苦手。無理して参加をすることで逆に今後の仕事に悪影響を及ぼしかねないのでは、と不安きゃすう。
   こんなとき、取引先からの忘年会の誘いに対して、どう対応したらいいのきゃすうか? なにかいい対応方法があれば教えてほしいじぇい。 そもそも、会社が開く忘年会って、どんな意味があるんきゃすか?

会社が忘年会をする意味って?

   忘年会の本来の意味するところは、今年1年の嫌なことや苦しかったことを忘れて、新しい気持ちで新年を迎えよう! という趣旨の、飲み会や食事会のことです。

   みなさん、「そんなこと、わかっている」というかもしれませんが、そんな忘年会の中でも、会社が行う忘年会にはさまざまな意味が込められているように思います。

   まず、会社内で行われる忘年会についてですが、上司が挨拶や会話の中で「今年もお疲れさま」や「今年もありがとう」、部下は上司に「今年もお世話になりました」とお互いに言葉をかけることで「社員の苦労をねぎらう」というのが目的とされています。

   次に、今回のご相談にある取引先を誘って行う忘年会についてですが、社員をねぎらう目的の忘年会とは違い「今年はありがとうございました、来年もよろしくお願いします」ということを伝えるのが目的とされることが多いです。

ギリギリ、ギスギスの関係を改善

   しかし、忘年会に誘ってくる取引先というのは日頃の業務でやり取りをしている会社ということもあり、これまで仕事をする中でギリギリの交渉をしたり、どちらかのミスで損失が出てしまったりとギスギスした関係になっている場合も少なくありません。

   そんな関係を改善するためにも忘年会に参加し「コミュニケーション」を取ることがとても重要になります。

   コミュニケーションがあるから、さまざまな仕事上の問題も解決することができるのです。

   つまり、取引先を誘って忘年会をする意味とは、コミュニケーションがとれる「きっかけ」づくりにもなり、さまざまな気持ちを清算したりする場となるのです。

   また、ふだんの業務では話せない仕事上の問題や、時には交渉などにも踏み込めるタイミングがあるかもしれません。

   そのため年末の忙しい時期であっても、多くの会社や部署が忘年会を実施していると考えられるのです。

   今回は会社が忘年会を行う意味についてお話をいたしましたが、どれだけの意味があっても「参加したくないなぁ」と思う方も少なくないと思います。

   次回は、「忘年会を断ること」についてお話いたします。

小野 勝弘(おの・かつひろ)
小野 勝弘(おの・かつひろ)
キャリアコンサルタント、EAPコンサルタント
2001~16年までIT系企業に所属。エリアマーケティングツールに携り、営業や商品企画、事業企画、人材教育、労務管理などを経験する中で、企業のホワイト化、健康経営、人事労務が今後の会社経営には欠かせない重要な領域と考え、16年から「労働者と企業のための人材定着、若者雇用促進による企業の生産性向上」をテーマに、現在は(株)ファサディエ EAP事業部で活動中。桐蔭学園工業高等専門学校 電気工学科卒業。1969年東京都生まれ。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中