キラキラのティファニーも今は昔? ジュエリーの二極化と2017年のXmas(北条かや)

印刷

   この時期の女性ファッション誌で目立つのは、「クリスマスに買ってもらいたいジュエリー、おねだり特集」だ。平均的な20代前半の女子が読む「CanCam」や、真面目なOL御用達の「WITH」や「美人百花」などをみると、まずティファニーの特集がバーンとあって、その後に少し「格」が落ちるらしいAGATHA(アガサ)とか、AHKAH(アーカー)とか、canal4℃(カナルヨンドシー)などのアクセサリーがズラっと並んでいる。

   が、私はけっこう疑問に思っている。みんな、そんなに「TIFFANY(ティファニー)」が欲しいのだろうか。

  • Xmasプレゼント、やっぱり「TIFFANY」がいいですか?
    Xmasプレゼント、やっぱり「TIFFANY」がいいですか?

ティファニーブルーは恐ろしくキレイだけど......

   はじめに言っておきたいが、私はティファニーなるブランドを悪く言いたいわけでは決してないし、私の母は数年前、親戚の結婚祝いに、ティファニー製のそれなりに高価なジュエリーをプレゼントしていた。あのときの、お店で感じた高貴な雰囲気は今も忘れられないし、いわゆる「ティファニーブルー」は恐ろしく美しいとも思う。

   だから、その安定した魅力を否定したい気持ちは毛頭ないが、単純に疑問なのだ。周りに、ティファニーファンの女子がまったくもっていないからである。

   「ティファニーのオープンハートって、バブルのイメージだよね」と言うのは、アラサー世代の男友達。ティファニーを皆が欲していた時代=バブル時代との認識らしい。

「90年代の学生って、こぞって頑張ってバイトして、シルバー製のオープンハートを買ってたんだよね。そういう印象があるから、社会人になってティファニーはちょっと、彼女に失礼じゃないかとすら思う」

みたいな声もあった(Byアラサー男子)。

   一方の女子からは、

「今どき20代後半以上の彼女にティファニーって微妙じゃない? ヨンドシーとかサマンサティアラなんかもらってもセンスを疑うけど。大学生じゃないんだから」

とか、

「やっぱり憧れはヴァンクリ(Van Cleef & Arpels)だよね。次にCartier(カルティエ)かな。結婚指輪でよく見るし。ティファニーはちょっと可愛すぎる」

という声が多いのである。

   キャバ嬢の頂点にいる歌舞伎町の愛沢えみりさんは、ヴァンクリやHarry Winston(ハリーウィンストン)を愛用している。ホステスさんには、カルティエやCHANEL(シャネル)が人気らしい。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中