その34 政治家の「発言撤回」「こんなものいらない!?」(岩城元)

印刷

   先月(2017年11月)、加計学園の獣医学部問題を審議した衆院文部科学委員会で、日本維新の会の足立康史衆院議員が他の政党の議員3人の名前を挙げて「犯罪者だと思っています」と述べた。

   まさに「中傷」である。そして、各党から抗議されると、足立議員は「陳謝し撤回したい」とすぐに応じた。足立議員が「犯罪者発言」を悪かったと思うなら、「陳謝」するのは当然である。でも、「撤回」をそう簡単に許してはならない。

  • 夕暮れ時の国会議事堂。憲法は議員の国会内での言動に免責特権を認めているが、かと言って、低劣な発言を許しているわけではない。
    夕暮れ時の国会議事堂。憲法は議員の国会内での言動に免責特権を認めているが、かと言って、低劣な発言を許しているわけではない。

多すぎる! 政治家の不適切発言

   「綸言(りんげん)汗の如し」という言葉がある。「綸言」は「君主の言葉」を指し、君主がいったん口にしたことは、体から出た汗と同じで、元には戻せない。つまり、取り消したりはできない、という意味だ。中国の格言である。

   足立議員を君主並みに扱うつもりはないが、一応は国政を預かる国会議員である。発言の撤回を許し、国会の議事録からも削除してしまえば、発言はなかったことになってしまう。そんな安易なことでいいのだろうか。

   足立議員の発言のすぐあと、今度は自民党の山本幸三衆院議員が、アフリカ各国との交流に熱心な同僚議員について「何であんな黒いのがすきなのか」と発言した。差別的な発言だと批判を浴びると、「表現が誤解を招くということであれば」と、すぐに撤回してしまった。

   山本議員は地方創生相だった今年(2017年)4月にも、観光振興に文化財を活用することについて「一番のガンは文化学芸員だ。観光マインドが全くない。この連中を一掃しないといけない」と述べたが、批判を浴びると、すぐに撤回して、おわびしている。

「撤回すれば、それでよし」なのか?

   麻生太郎副総理兼財務相も発言撤回については「常連」である。2013年には憲法改正論に関して「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気がつかなかった。あの手口に学んだらどうか」と発言し、批判されると、翌日には「不適切」と撤回した。

   それなのに、この夏には「何百万人を殺したヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と、ナチスのユダヤ人虐殺を擁護したとも受け取られかねない発言をし、翌日にはまた「不適切」と撤回している。

   政治家が暴言、失言、不適切発言をやらかしても、撤回すればそれでよし――。そんな風潮が世間にはあるのではないだろうか。それに甘えて、政治家は平気で暴言を繰り返す。僕にはそのように思えてならない。

   もっとも、ここで書いたような発言は、取り立てて世の中に悪影響を及ぼすとも思えない。発言した政治家を「ばかだなあ」と、笑い飛ばしておいてもいい。

   しかし、不用意な発言が、たとえば外国との戦争を引き起こすことだってありうるだろう。その意味で、私たちは政治家には常に「綸言汗の如し」という覚悟を持つよう求めたいのである。

※ 「こんなものいらない!?」委員会は、みなさまからのご意見をお聞きしています。ぜひ、下記のワンクリック投票にご参加ください。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中