クルマの購入で3割「恋人ができた」!? ソニー損保が意識調査

印刷

   若者の「クルマ離れ」が叫ばれているなか、自動車免許の取得やクルマの購入への関心が、意外にも高いことがわかった。

   ソニー損害保険が新成人を対象に、「自動車に関する意識調査」を実施。2018年1月4日に結果を公表した。

  • クルマに興味はあるのだが……。
    クルマに興味はあるのだが……。

新成人の自動車免許取得率は56.0%

   ソニー損保の調査によると、新成人の自動車免許取得率は56.0%だった。男女別でみると男性61.4%、女性50.6%と男性のほうが高かった。 また、教習所に通うなど「運転免許の取得予定者」は32.2%。これに取得率を足すと9割近くとなり、新成人の大多数が免許取得に意欲的であるといえる。

   では、クルマの保有率ではどうか――。16.7%が「自分のクルマを持っている」と答え、7.0%が「自分のクルマを購入する予定がある」と答えた。「購入予定はないが、いずれは欲しい」は48.8%にのぼった。

   新成人の半数以上がクルマの購入を検討しているようだ。

   いったい、クルマのどんな点に魅力を感じているのだろう。マイカー所有者に限って聞くと、

「自信が持てるようになった」49.7%
「ストレスが減った」47.9%
「恋人ができた」27.5%

という結果だった。

   なんとも「彼女と海岸通りをドライブ」なんていうシーンが「復活」しつつあるかのようで、まるで「若者のクルマ離れ」など「マボロシ」のような話だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中