怒鳴る、罵る...... 課長、いったいアナタは何様だ!(江上剛)

印刷

   営業部門に所属する5年目ですが、「パワハラ」課長がイヤです。今の時代、誰か一人を名指しして追及することは「いじめ」とも受け取られません。課長はまだ40代なのですが、体育会系で、暴力をふるうことはありませんが、聞いている周りが顔をしかめるほどの大きな声で、仕事でミスしたり、業績が芳しくなかったりする相手を罵るのです。これは「パワハラ」ですよね? 課長は仕事がデキますし、怒鳴りさえしなければ部下の面倒見も悪くはありません。ですから、上司も大目に見ているようなのです。こんな課長の下でも、我慢するしかないのでしょうか。

   最低の課長だね。

  • 怒鳴る上司よ、アナタは何様だ!?
    怒鳴る上司よ、アナタは何様だ!?

部下を怒鳴るのは上司へのアピール

   部下を怒鳴ったり、罵ったり...... その課長、いったい自分を何様だと思っているのだろうか――。

   そんなヤツを「仕事ができる」というなんて、アナタもおかしい。

   彼は、誰に向かって怒鳴っていると思いますか?

   部下の成長のためですか? 部下の幸せのためですか?

   課長というのは中間管理職です。軍隊で言えば、軍曹です。部下と一緒に銃を持って敵陣に突っ込む役目です。

   作戦本部で、ああでもない、こうでもないと小田原評定をしている幹部じゃない。

   部下と一緒に死ななければならない立場なのです。

   そんな人間が、部下がびびってしまうほど、怒鳴り、ののしってどうするんですか。

   彼は上司に向かってアピールしているんですよ。

   自分はこんなに頑張っています。こんなに部下を指導していますってね。

   馬鹿じゃないですか?

大目に見ている上司が悪い!

   課長が怒るのは、「私憤」であってはいけません。「公憤」であるべきです。

   どのような怒り方をすれば、部下が育つか。それだけを考えるべきです。目先の成績より、将来の成績。将来の部下の成長のために怒鳴るのです。

   そんな「公憤」の思いは部下にも理解されているため、部下も素直に聞き入れます。そして怒った後は課長も部下も、まるで熱い湯に入って汚れを落としたかのようにさっぱりとした気分になります。そしてまた頑張ろうという意欲が湧きます。

   これが課長の怒り方です。

   彼のように部下の逃げ道を塞ぎ、ミスした部下をこれ見よがしに怒鳴り、罵るような人物は課長失格です。

   孫子の兵法に、「部下を見るのは我が子のように見なさい」という言葉があります。

   兵法は戦争に勝つためにものです。勝つためには、課長は部下を我が子のように見るべきなのです。

   大目に見ている上司が悪い! みなさんで上司に課長の交代を要求しなさい。こんなヤツをこれ以上偉くしたらいけません。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中