2019年 9月 19日 (木)

まもなく導入1年、「プレミアムフライデー」実施企業は7%未満 消費増えず、働き方改革も完敗!

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   2017年2月に経済産業省や日本経済団体連合会(経団連)の主導により、鳴り物入りで始まった「プレミアムフライデー」。毎月末の金曜には15時退社を促し、個人消費を増やすことがキャンペーンの狙いだった。

   ところが、開始後丸1年も待たずに「失敗」したことが、オンライン総合旅行サービスDeNAトラベルが2018年1月9日に発表した調査結果でわかった。導入している企業は1割で、その中には中止した企業や、金曜以外の曜日に振り替えた企業もあるという。

  • 不発!? プレミアムフライデー(ロゴマーク、経済産業省のホームページから)
    不発!? プレミアムフライデー(ロゴマーク、経済産業省のホームページから)

「旅行」をした人、ほとんどいない

   調査は2017年12月28日~18年1月3日にインターネットで実施。20歳以上の男女1297人から回答を得た。その結果、勤務先でプレミアムフライデーが導入された人は10.6%だけだった。しかも、その中で、導入はしたものの早くも中止したところが1.0%あった。

   また、会社の都合によって金曜ではなく他のウィークデーに早帰り日を変更したり、退社時間が15時以降になったりするなど、当初の趣旨である大型3連休に準じるという条件とは異なる方法での導入が2.7%もあった。

   その結果、当初の趣旨どおりのプレミアムフライデーを行なっているのは、わずか6.9%というありさまだ。

   じつは、DeNAトラベルでは、プレミアムフライデーが始まる直前の2017年1月にも調査している。その時は、「プレミアムフライデーが導入されたら、アフター3は誰と何をしたいか」など期待感を主に聞いていた。すると、「パートナーと一緒に過ごす」という人が半数以上を占め、何をしたいかの圧倒的1位は「旅行」で70.9%、続いて「自宅でゆっくり」が46.4%、「買い物」が36.0%だった。

   そこで今回、プレミアムフライデーを導入した企業に勤めている人に、改めて「何をして過ごしたか」を聞いたところ、1位は「自宅でゆっくり」が41.4%、2位は「外食」で27.3%、3位は「買い物」で21.2%だった。

   1年前に一番やりたいこととして挙がっていた「旅行」は、実際には11.1%しかなかった。また、「仕事」をした人が20.2%もおり、理想と現実のギャップが透けて見える結果となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中