2018年 9月 21日 (金)

ユーロ高でドル安圧力 そのとき早稲田と慶応は!?

印刷

   米国経済は好調だ。発表される経済指標は良好で、米国株が堅調に推移するなか、金利の上昇圧力が高まりつつある。その一方で、足もとではユーロ高によるドル安圧力の高まりも。ドル円相場は今のところ底堅く推移しているものの、株などのリスク資産が下落する場合などでは、2017年11月の安値である110円後半を抜ける可能性も否定できないようだ。

   明治大のWRは試験中でお休み。早稲田大の唯光、慶応大の石油王の、それぞれの読みはいかに......

  • 慶応大、じわじわ引き離す
    慶応大、じわじわ引き離す

グッとこらえて、ポジション変えず(早稲田)

1月16日(火)

   ドル円相場は、2017年11月7日の1ドル110.844円という「節目」が意識されている。この節目をサポートライン(支持線。為替レートが過去に何度か下げ止まった水準のこと)として反発していたが、ついに価格が動いた。

   直近の日足におけるラインチャートは、このサポートラインと割り込み、110.5円台に突入した。これは売りのサインだと判断。売りでポジションを持つと決めた。

   0時16分、110.5993円で100ドルを「売り」で入った。逆指値は、大きな嬉里のトレンドを意識して、115円に設定した。

1月17日(水)

   前日の下げ幅が大きかったのか、この日のラインチャートはいったん上げ戻す動きを示した。大きなトレンドを意識して売買すると決めたため、小さな価格の変動では動揺しないように努める。

   それでも、心理的に評価損益がマイナスであるのはあまり気持ちがいいものではないなと感じてしまう。しかし、ここはグッと我慢してポジションはそのままにした。

1月19日(金)

   いったん上げ戻っていた価格が、徐々に下げ始めた。2017年11月7日の110.844円を一時的にブレイクアップ(支持線を越えて価格が上昇したこと)した場面もあったが、次第に下げのトレンドに戻り始めた。評価損益がマイナス方向に膨らんでいたが、好転したため、ひと安心である。

   下げトレンドが形成されていると、再確認した。

   保有建玉 売り100ドル

前週からの損益 プラスマイナスゼロ
1月19日現在 8715円

110円85銭で「売り」、110円55銭で「買い」「(慶応大)

1月12日(金)

   前日(11日)に引き続き、相場は荒れぎみで、この日も取引は見送ることにした。

1月15日(月)

   2017年11月末の安値である1ドル110円85銭付近が意識されつつ、12日はもみ合いの形となったものの、この日の夕方になると、110円85銭の安値を割り込んできていたので、順バリ(相場のよいときに買い、悪いときに売ること。この反対が「逆バリ」)で売ることにした。

   110円85銭で売り、110円55銭で買った。

   1万1140円が1万1440円に増えた。

1月17日(水)

   前日(16日)からドル円相場はもみ合いぎみで、買いのチャンスとなりそうな予感がするが、前日からニュースを騒がせているビットコインの暴落が為替に影響を与える可能性を否定できないため、取引は見送った。

1月18日(木)

   前日に引き続きドル円相場はもみ合いぎみだが、15日の陰線(終値が始値より安かったことを示す)に、16日の同時線、17日の陽線(終値が始値より高かったことを示す)の一連の流れが、三川明けの明星(大陰線のあとに大陽線が出る、上昇転換を強く暗示するシグナル)と呼ばれる反転を示唆するロウソク足のパターンを形成していて、上昇が期待できると判断。しかし、期待したような大きな動きはなかったようだ。

   16時ごろに111円21銭で買い、23時ごろに111円11銭円で売った。

   1万1440円が1万1333円に減った。

前週からの損益 プラス193円
2018年1月19日現在 1万1333円

   なお、明治大WRは、今週はテスト期間のため取引は行わなかった。

前週からの損益 プラスマイナスゼロ
1月19日現在 6719円

プロフィール
早稲田大学 惟光
早稲田大学文学部2年、埼玉県出身。尊敬する人は、「投資の神様」ウォーレン・バフェットに紫式部! 旅行や写真が大好きで、サバの竜田揚げも大好き。 将来は「チャンスを平等にすることがしたい!」という。これまでFXはスキャルピング(ポジション保有後、短時間の内にわずかな価格変動から儲ける方法)で取引していたが、最近はスイングトレードに転向した。仮想通貨の取引も始めるなど、投資への関心は強く熱い。
明治大学 RW
明治大学総合数理学部2年、長野県出身。好きな歌手は、乃木坂46。趣味は映画観賞や乃木坂46が出ている番組の視聴で、週末などに楽しむ。将来は、IT系の仕事に就きたいと考えているが、今は単位を落とさないようにするのに必死。(笑)株式投資からスタートし、最近はビットコインを少々カジッたところ。為替相場は株式投資にも影響する大きな材料。FX投資はデモ口座でやったことがある程度だが、大学対抗戦となれば、話は別。経験を積みながら、トップを狙う。
慶応大学 石油王
慶応大学商学部3年、京都府出身。好きな歌手はCHEMISTRY。将来は証券ディーラーになりたい! 小学生のとき、父のFX投資を間近に見ていたことをきっかけに、為替に興味を持つ。中学1年のときのリーマンショックで怒涛の円高を目の当たりにし、この時に円を売っていれば大儲けできたのではないか、と気付いたという筋金入りのFX投資家。現在はテクニカル分析と呼ばれる、チャートの形状を判断材料としてトレードする手法を研究中。為替相場の世界で大成功を収めることを夢見て、日々精進中という。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中