2018年 8月 18日 (土)

勃発! Pepper「親権」はどっち? ソフトバンク孫社長VS GROOVE X林社長

印刷

   ヒトの感情を認識するヒューマノイドロボット「Pepper」の「親権」をめぐって、ソフトバンクとGROOVE Xが対立している。

   販売などの事業展開を手がけるソフトバンクロボティクスは、Pepperの「開発リーダー」とされてきたGROOVE X(東京都中央区)代表取締役の林要氏に、Pepperの「生みの親」「父」などの表現を用いないよう要請する文書を2018年1月23日、報道各社に送付。J‐CAST会社ウォッチ編集部は24日、ソフトバンクとGROOVE Xの双方に、その主張を聞いた。

  • ぼくの「生みの親」は……(画像は、ヒト型ロボット「Pepper」。ソフトバンクのプレスリリースから)
    ぼくの「生みの親」は……(画像は、ヒト型ロボット「Pepper」。ソフトバンクのプレスリリースから)

「開発リーダー」の肩書めぐり対立

   今回のいきさつを、ソフトバンクの広報部担当者はこう話す。

   もともと、林氏がソフトバンクに在籍していた時分、Pepperに関する取材を受ける際にわかりやすくするために「開発リーダー」という肩書を用いていた。ただ、「『開発リーダー』は正式な肩書ではないうえ、林氏はPepperの開発に際して主導的な役割は果たしておらず、あくまで経営側と開発現場側をつなぐような役割だった」という。

   そのうえで、「林氏をPepperの『父』『生みの親』『(元)開発者』『(元)開発責任者』『(元)開発リーダー』などと呼ぶことは誤りであり、顧客や投資家に対して間違った印象を与えかねない」と主張する。

   この件について、ソフトバンクはこれまでも数回にわたって林氏側に申し入れを行ってきたが改善がみられなかったとし、今回、報道陣向けの呼びかけに踏み切ったと説明した。

当初はソフトバンクの要請だった

   一方、GROOVE Xの広報担当者は、「林氏が過去に『Pepperの生みの親』などという表現を自らしたことはなく、あくまで『Pepperの生みの親は孫正義氏』です」と語る。

   報道側がいわば勝手に、「Pepperの生みの親」と表現したとの主張で、そのため、メディアが林氏を「生みの親」「Pepperの父」とする表現していた場合には、「そのたびに修正を要請してきた」と話している。

   また、ソフトバンク側が「数回にわたって申し入れをした」という点についても、「約1年半前に1度だけ申し入れを受け、その際に『開発リーダー』という表現にしてほしい、ということをソフトバンク側から要請された」と反論。

   今回、「開発リーダー」という表現が「誤り」だとされていることについては、「われわれとしては驚きを隠せないし、なぜ今になってこのような話になったのか」と困惑しきりだった。

   GROOVE Xは、今回のソフトバンクの発表を受けて、改めて「開発リーダー」という表現が2014年8月22日付のソフトバンクのニュース(プロジェクトPickUp 2014年 「ソフトバンクのビジョンを実現する 愛のあるロボット『Pepper』の開発」)に存在していた旨伝えたが、回答はなかった(1月24日14時時点)という。

   一方、ソフトバンクのニュースにある、その記事には2018年1月23日付で、

「当初、『Pepperの開発リーダーを務めるプロダクト本部 PMO室 室長の林 要』と記載しておりましたが、『開発リーダー』という表現は誤りのため該当部分を修正しました」

との注意書きが加筆されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中