2019年 11月 12日 (火)

味の素が「16時半退社」に成功したワケ? 勤務時間を短縮して起こったこととは......

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「これからは共感力が高い女性のリーダーシップに期待」

白河桃子さん
白河桃子さん

   白河さん「味の素の16時半退社が実験的で素晴らしいと思うのは、みんなが16時半に退社すれば、保育園にお迎えに行く人も後ろめたくなく働けるという設計です。女性の社員の方は『限界を感じなくなった』とおっしゃっていて、女性活躍におおいに貢献しています。女性が加わったほうがイノベーションの質が高いという研究結果もあります」

   高倉さん「男女の比較でいうと、女性のほうが『共感力』が高いように思います。男性社員は自分の弱みを同僚に打ち明けませんが、女性同士は『ちょっと聞いて』と心を開き合う。AIが入ってくると、ますます『共感力』がリーダーシップの中で大事になってきます。当社でも女性に活躍に大いに期待しています」


フォーラム参加者のプロフィール

●高倉千春(味の素グローバル人事部次長)
1983年農林水産省入省。フルブライト留学生として米国ジョージタウン大学留学、MBAを取得。1993年からコンサルティング会社の組織改革担当、ファイザー、ノバルティスファーマーなど外資系企業の人事担当を歴任。2014年に味の素に入社、2017年から現職。

●坂東眞理子(昭和女子大学理事長)
1969年総理府(現内閣府)入省。内閣府広報室参事官を経て1995年埼玉県副知事、2001年内閣府男女共同参画局長。2004年昭和女子大学教授。主な著書に『女性の品格 装いから生き方まで』『働く女性が知っておくべきこと グローバル時代を生きる知恵』など。

●白河桃子(少子化ジャーナリスト、内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員)
慶応大学卒。住友商事、リーマンブラザースなどを経て現職に。2008年中央大学山田昌弘教授と『婚活時代』を上梓、婚活ブームの火付け役に。女性活躍支援について発信。主な著書に『後悔しない「産む」×「働く」』『御社の働き方、ここが間違ってます!』など。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中