2018年 12月 11日 (火)

プレ金はやっぱり「失敗」 1年経っても浸透せず

印刷

   政府が旗振り役となって普及を目指す「プレミアムフライデー(プレ金)」。月末の金曜に早期退社を促すことで消費喚起を狙おうと2017年2月24日に開始して、まもなく1年を迎える。

   経済産業省は18年度も実施すると発表したが、初年度の「実績」はどうだったのか――。調査から見えてきたのは、お世辞にも浸透したとはいえない厳しい結果だった。

  • 今年こそ普及なるか?
    今年こそ普及なるか?

「やめちゃえばいいのに」

   調査会社のインテージ(東京都千代田区)は2018年2月14日~16日に、20歳から59歳の男女3251人に「プレ金」に関する調査を実施。2月20日に発表した。

   勤務先での実施状況を聞くと、「推奨・実施している」と答えたのは11.0%。企業規模別でみると、従業員が1000人以上の会社だと20.6%だったが、それ以下はガクッと下がり6.3%にとどまった。

   大企業での実施が比較的進んでいるようで、「働き方改革」推進の一環としてソフトバンクや住友商事、サントリーなどが導入を発表している。

   しかし、企業が推進したからといって実際に利用されるとは限らない。「社内に利用しづらい雰囲気がある」「業務過多でそんな余裕がない」...... と、プレ金を阻む壁は少なくない。

   実際に2017年2月から18年1月の間で、1度でもプレ金を利用した人は、従業員が1000人以上の会社で14.1%、それ以下ではわずか5.0%だった。

   今回の調査結果を受け、ツイッターでは、

「やめちゃえばいいのに、最後までやって失敗するのが日本」
「バカバカしい。消費を喚起したけりゃ実質賃金を上げる政策を打てよ!!」
「丸1年経過して根付かないってことはもう無理だね。とにかく普段から『定時退社がデフォルト』を心掛けるしかないね」

など、冷ややかな声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中