2018年 10月 21日 (日)

「クラフトボス ブラック」自販機でも 「新商品」も3月に投入

印刷

   サントリー食品インターナショナルは2018年3月末、自動販売機でペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズの「クラフトボス ブラック」の販売を開始する。

   広報担当者が、2月27日のJ-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に明かした。

  • 「クラフトボス ブラック」
    「クラフトボス ブラック」

2017年を代表するヒット商品

   サントリー食品インターナショナルの「クラフトボス」は、2017年4月に発売した「BOSS」ブランドの新シリーズだ。

   ペットボトルで仕事中に少しずつ飲めるスタイルが、オフィスワーカーや女性の支持を集め、日経トレンディの「2017年ヒット商品ベスト30」では、6位にランクイン。「ブラック」と「ラテ」の2種類がある。

   同社の広報担当者は、J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に、2018年3月末から「ブラック」の500ミリペットボトル(PB)を自動販売機で販売すると明かした。

   自販機ではすでに、ブラックコーヒーのボトル缶(BOSS以外のシリーズ)を販売しているが、「クラフトボスのチビチビ飲めるスタイルは、自販機でも受け入れられる」と見込んでいる。

   同社は17年5月から「ラテ」の280ミリリットル・ペットボトルを販売しているが、こちらを先に自販機で導入した理由について広報担当者は「当時『プレミアムボス』(ボトル缶)で『ブラック』を販売していた。まず『クラフトボス』の『ラテ』を販売したのは、お客様が選べるレパートリーを広げるためです」と話した。

   広報担当者によると、2018年6月には「クラフトボス」シリーズの新商品も発売する予定という。

   「クラフトボス」シリーズの販売数量は、2017年12月末時点で1000万ケース(2億4000万本)を突破。「BOSS」ブランド全体の年間販売数量は前年比6%増の9900万ケースと伸長し、25年連続の成長を達成した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中