2020年 7月 12日 (日)

あの「バナナフォン」が復活! 最新ケータイ見本市から学ぶ「イチ押し」英語(井津川倫子)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   スペインのバルセロナで携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」が開催され、サムスンやアップルなどがこぞって最新機種を発表しました。

   最新技術を搭載した「イチ押し」製品が次々と発表される一方、1990年代の人気映画に登場した携帯の復刻版が話題を呼んでいます。今回は、見本市で飛び交ったニュースから、ビジネスで使える英語をピックアップ。さて、各社は「イチ押し」をどうアピールしたのでしょうか?

  • 黄色がまぶしい!? あの「バナナフォン」が復活! (画像は、Nokiaのホームページから」
    黄色がまぶしい!? あの「バナナフォン」が復活! (画像は、Nokiaのホームページから」
  • 黄色がまぶしい!? あの「バナナフォン」が復活! (画像は、Nokiaのホームページから」

「イチ押し」製品、英語でどうアピールする?

   携帯電話に限らず、クルマや家電など新製品のリリースはビジネス界最大の関心事です。ニュースだけではなく、リリース資料を目にすることも多いでしょう。「新製品のリリース」は、TOEIC L&Rテストでもよく出題されるテーマです。使われる単語やアピールのポイントを押さえておくと、プレゼンテーションのときの参考にもなります。

   それでは、実際に各国のメディアが報道したニュースの「英語」を見てみましょう。

   Nokia launches a new flagship.

   (ノキアは新しい主力商品を発表した)

   Samsung Galaxy S9, the latest flagship smartphones, focuses on the camera.

   (サムスンの最新の主力スマートフォン・ギャラクシーS9は、カメラに力を入れている)

   まず、「flagship」という単語に注目です。「最も重要なもの」という意味、つまり「主力商品」です。日本語でも「フラッグシップ店」という言い方をしますが、「flagship」だけで「主力商品」という名詞になるのですね。

   各社の最新技術を惜しみなくつぎ込んだ「イチ押し商品」というニュアンスが伝わってくる、力強いことばです。なるほど、覚えておくと便利でしょう。

   「ウリ」をアピールする「focus on」(力を入れる)という表現もよく目にしました。

   Nokia's marketing is more likely to focus on the device's design rather than its capabilities.

   (ノキアのマーケティングは、性能よりも機材のデザインに力を入れているようだ)

   「製品を発表する」という単語は、「launch」のほかに、「unveil」「release」がよく使われます。製品リリースに必ず登場する「常連さん」なので覚えておきましょう。

   なかには「show off」(誇らしげに展示する)という表現もありました。「launch」や「unveil」と比べて「自慢げに見せる」というニュアンスを含むようです。「ドヤ顔」で「どうだ!すごいだろう」とアピールする、といったイメージでしょうか(笑)。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中