2018年 11月 21日 (水)

サラリーマンのための確定申告(その5)「仮想通貨」を取引している人も確定申告が必要なの?

印刷

   最近なにかと話題の「仮想通貨」も、確定申告が必要と聞いたけど本当きゃすか? なぜ必要なのか、教えてほしいじぇい!

  • 仮想通貨も確定申告が必要です!
    仮想通貨も確定申告が必要です!

仮想通貨は「雑所得」

   仮想通貨(暗号通貨)も、投機目的での保有者が多いので、株式や外国為替証拠金(FX)取引と同様に、取引によって利益を得た場合には確定申告が必要となります。

   所得税自体が儲けに対して税金がかかりますので、仮想通貨を購入しただけでは利益は出ないので税金はかかりません。また保有しているだけでも利益が確定していないので税金はかかりません。仮想通貨を円(通貨)に換金した場合や他の仮想通貨に乗り換えたときに利益が確定するので、その際に利益が出ているようであれば確定申告が必要になるわけです。

   仮想通貨の場合、通常の所得の申告の方法となにか違いはあるの?

   確定申告の方法については、記載する場所の違いはあるにしても他の収入も含めて収めるべき所得税を計算するので変わりはありません。

   ただし、所得税の計算は所得金額に応じて段階的に税率が上がっていきますが、株式の取引やFX取引については「分離課税制度」がとられており、株式もFXも、取引での利益については20.42%の税率で所得税になる計算になっています。

   ただ、仮想通貨での利益については、通常の「雑所得」という区分に分類されるため、利益金額が高くなればなるほど税率が高くなっていきます。

確定申告しないで、数年後にバレると......

   ええっ。じゃあ、儲かれば儲かるほど、多くの税金を納めるってこと。なんだか...... 平井先生、株やFXのようにしておいたほうが、オトクな場合があれば教えてほしいじぇい。

   仮想通貨については、まだ登場して間もないこともあり、制度が整っていない部分も多くあります。株式やFXと違って損失の繰り越しは認められていません。ですので、確定申告することでオトクになるようなことは、今のところありませんが、今後、確定申告をすることでオトクになるような制度が出てくる可能性はあります。

   バレないだろうと確定申告しないことで、数年後に税務署から指摘されて多額の所得税や加算金を払わなければならないということもありますので、ちゃんと確定申告することをオススメします。

平井 隆(ひらい・たかし)
平井 隆(ひらい・たかし)
税理士法人 Alchemist 代表社員
2001年、大手会計専門学校に入社。会計・税務の資格試験の受験指導を担当し、毎年数多くの合格者を輩出する。2009年に税理士試験に合格。千葉県内にある大手会計事務所へ入所。所長代理として事務所運営を行うとともに、担当企業先のさまざまな経営問題に着手。資産税などのセミナーでも講演する。
企業の事業承継、資産家などの相続税の申告手続きを中心に相続・事業承継対策提案などを得意とする。38歳、埼玉県出身。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中