2018年 8月 21日 (火)

偽ブランド品の輸入差し止め増加 イヤホンなどの意匠権侵害が急増

印刷

   偽ブランド品など、知的財産の侵害物品の輸入差し止め件数が増加している。

   財務省が2018年3月2日に発表した「2017年の税関における知的財産侵害物品の差止状況」によると、輸入差し止め件数は前年比17.6%増の3万627件だった。

   14年(3万2060件)以来、3年ぶりに3万件を超え、過去2番目の高水準となった。正規品の価格に換算した輸入差し止め価額は、推計で約113億円にのぼる。イヤホンなどの意匠権侵害物品の差し止め点数が増えている。

  • 偽ブランド品3万件超え 過去2番目の高水準(画像はイメージ)
    偽ブランド品3万件超え 過去2番目の高水準(画像はイメージ)

差し止め件数、点数ともに中国からが最多

   差し止め件数の内訳をみると、偽ブランド品などの商標権の侵害が16年と比べて17.3%増の3万111件で、引き続き全体の大半を占め、次いでイヤホンなどの意匠権の侵害で304件だったが、前年比249.4%増と急増した。

   差し止め点数(段ボール1箱に複数の偽物が入っていることがあるため、差し止め件数と点数は一致しない)でも、商標権の侵害が前年比23.4%減の31万3314点で、引き続き大半を占める傾向は変わらないものの、意匠権の侵害が13万5135点と、前年の約16倍と大きく増えた。

   意匠権の侵害について、具体的にはイヤホンなどの電気製品が11万6999点と前年と比べて約6倍増えた。次いで、スマートフォンケースなどの携帯電話やその付属品が6万5085点(13.0%減)、プリンタ用インクカートリッジなどのコンピュータ製品が4万1944点(78.5%減)、衣類が4万671点(13.8%増)だった。

   意匠権の侵害物品の差し止め点数が増えた理由について、財務省はJ‐CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に、「イヤホンの貨物量が多い傾向にあり、意匠権の権利者から『意匠権を侵害している物品がある』との申告が多かったため」としている。

   また、国別に輸入差し止め件数をみると、中国を仕出しとするものが16年と比べて18.1%増の2万8250件で、8年連続で9割を超える構成比を占めた。次いで、香港が15.5%増の828件、フィリピンが59.3%増の430件、韓国が24.6%減の322件。

   差し止め点数では、中国が41万4946点(前年比11.0%増)。次いで、香港が5万5023点(65.5%減)、韓国が9367点(82.5%減)、マレーシアが5718点(6048.4%増)だった。

   件数、点数ともに、中国が最多だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中