2018年 7月 19日 (木)

六花亭が「そだねー」を商標出願 「愛着ある言葉として......」

印刷

   平昌五輪で男女通じて日本勢初の銅メダルを獲得した、カーリング女子日本代表「LS北見」(北海道北見市)。選手が試合中に口々に発して話題となった「そだねー」というフレーズだが、北海道の菓子メーカー「六花亭製菓」が特許庁に商標登録を出願したことがわかり議論を呼んでいる。

   同社は「マルセイバターサンド」などで知られ、北海道銘菓として人気のおみやげ品を多数展開している。

  • 六花亭製菓の人気商品「マルセイバターサンド」(画像は公式サイトから)
    六花亭製菓の人気商品「マルセイバターサンド」(画像は公式サイトから)

「めんこい」「なんもなんも」北海道の方言を申請

   六花亭製菓の発表によると、「そだねー」の商標登録は、LS北見が銅メダルを獲得した5日後の2018年3月1日に、特許庁に申請した。このことが22日に報じられると、インターネットでは、

「こういうの嫌だな」
「六花亭何考えてんだ」

といった反発が生じた一方、

「これやっておけば変な使われ方はしないだろうし」
「訳のわからん企業が独占するよりずっといい」

など擁護する声が飛び交い、混乱状態に発展した。

   六花亭製菓は公式サイトに22日、「『そだねー』商標登録申請について」と題した文書を掲載。商標登録を申請した経緯について説明した。

   以前から「北海道のおやつとして親しんでいただきたいという思い」から、「めんこい」や「なんもなんも」など北海道の方言を製品名として利用している同社では、今回も同様に「愛着ある言葉として使わせていただきたく、申請させていただきました」としている。

   そして、「商標制度の特性上、独占という印象は避けにくい」としたうえで、現在申請中の商標「北加伊道」の事例を引き合いに、利用の申し出に応える方針を掲げた。「そだねー」を、独占する意図はないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中