2019年 6月 19日 (水)

仮想通貨が流行したワケ 飛びついたのは新興国、その事情とは......(ひろぴー)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   はじめまして。ひろぴーです。株式や外国為替証拠金(FX)取引をはじめ、差金決済取引(CFD)や仮想通貨などのアクティブ運用を得意とする個人トレーダーです。しかも、「わたし、負けません」(笑)。

   さて、今回のテーマは「仮想通貨」。いまや知らない人はいませんよね。でも、仮想通貨の流出や詐欺まがいの事件が起こり、「大丈夫かな」「どうせギャンブルでしょ」といった印象を抱いて二の足を踏んでいる。その半面、「安全・安心であれば、やってみたい」なんていう人も少なくないと思います。そこで......

   まだ、間に合います! ただ、仮想通貨のこと、きちんと理解しておいてください。わたしが、伝授します!

法定通貨とビットコインの送金・決済の違い

   2017年は仮想通貨元年といわれ、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨に注目が集まり、その価格が何十倍にも上昇しました。価格の上昇ばかりに目が向いてしまいがちですが、今回は仮想通貨、なかでもビットコインの技術が注目され、世界的に使われるようになりはじめたワケを、説明しましょう。

   まず、米ドルや日本円などの法定通貨と、ビットコインとの送金・決済の違いを簡単にみていきましょう。

【決済】
法定通貨:現金や電子マネーで支払います。支払い時間は数秒で完結
ビットコイン:ウォレットから店舗側のQUコードでアドレスを読み込み、金額を確認し送金。30秒から1分ほどの時間を要す場合もある。

【送金】
法定通貨:基本的に送金は銀行に限定。手数料は他行の場合は数百円、海外送金となると数千円の手数料が必要。また、送金時間は国内では送金依頼によると翌日になる場合があり、海外送金では数日かかる。

kaisha_20180417184727.png

※ビットコインの送金状況、取引所の送金手数料による

   これらをみると、ビットコインは送金面では有利でも、決済面では劣るように思えます。 では、実際にビットコインが使われているケースをみていきましょう。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中