2018年 9月 19日 (水)

NTTドコモの「dポイント」、マツモトキヨシでも貯めて使える

印刷

   ドラッグストアチェーン大手のマツモトキヨシホールディングス(HD)とNTTドコモは2018年4月30日から、マツモトキヨシグループの店舗で買い物をした際に、ドコモの「dポイントカード」を提示するとポイントが貯まるサービスを開始する。18日の発表。

   同時に、「マツキヨポイントカード」を掲示すると、一度で最大で2%のポイント(通常は100円で1ポイント)が貯められる。

  • NTTドコモの「dポイント」がマツキヨでも使える
    NTTドコモの「dポイント」がマツキヨでも使える

まずは東名阪の約850店舗で一斉に

   マツモトキヨシHDによると、買い物1回につき、購入額100円(税別)ごとにdポイントが1ポイント貯まる。また、「dポイント」アプリを使えば、スマートフォンでも貯めることができる。

   貯まったdポイントは、月々のドコモの携帯料金の支払いやdポイント加盟店で利用できるほか、マツモトキヨシの店舗でも利用できる。

   ただ、マツキヨポイントカードに貯められたポイントは、ドコモの店舗や携帯料金、dポイント加盟店では利用できない。

   同社は、東京、名古屋、大阪の約850店舗から一斉に開始。順次、全国約1600店舗に拡大していく。

   今回の取り組みについて、マツモトキヨシHD広報室はJ‐CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に、「マツモトキヨシとドコモの双方の接点を増やしていくため」と話した。

   昨今、ポイントカードはさまざまな店舗で相互に使えるようになっている。たとえば、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の「Tカード」は、同社が運営するレンタル販売店「TSUTAYA」をはじめ、ファミリーマートやガソリンスタンドの「ENEOS」などと幅広く連携。また、セブン・カードサービスの「nanaco」は、セブン‐イレブンはもちろん、スギ薬局やマクドナルドなどでも利用できる。

   「ポイントカード」が使える店舗(接点)を増やすことで利用者の利便性を高め、消費の拡大につなげていく考えで、今後もカードの相互連携はますます広がりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中