2020年 7月 13日 (月)

人生最大のピンチに挑んだザッカーバーグ氏 「勝負服」に込めたメッセージとは?(井津川倫子)

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   米フェイスブック(FB) のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、利用者情報の不正利用問題をめぐり、米上院の公聴会で証言しました。

   約8700万人の個人情報流出で同社の株価は暴落。FBのビジネスモデルを疑問視する声が強まり、ザッカーバーグ氏の退任論まで囁かれるなか、ザッカーバーグ氏と上院議員との一問一答に世界中が注目しました。

   しかし、もう一つ注目されたのがザッカーバーグ氏の「勝負服」。人生最大のピンチを乗り切ることができたのでしょうか?

  • スーツ姿でビシッと決めて!
    スーツ姿でビシッと決めて!
  • スーツ姿でビシッと決めて!

2日間で10時間の尋問で「鉄板焼き」に!

   2018年4月、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏が、米上院の公聴会で証言をしました。

   Mark Zuckerberg testified at a hearing of US Senate.
(マーク・ザッカーバーグ氏が、米上院の公聴会で証言をした)

※testify:証言する(動詞)
US Senate:米上院

   2日間で延べ10時間に及んだ公聴会で、ザッカーバーグ氏はなんと、600もの質問に応え続けたというから驚きです! 何人もの議員に半円状に囲まれて、まるで千本ノックのように次々と質問を浴びせられたザッカーバーグ氏。いかに厳しい状況だったか、その様子はメディアの報道から伝わってきます。

   Congress grills Facebook CEO over data misuse.
(議会が、データーの不正利用でフェイスブックのCEOを厳しく尋問した)

※congress:議会
grill:厳しく尋問する
misuse:不正利用

   まさかと思うでしょうが、「grill」は肉や魚を焼く「グリル焼き」のグリルです。鉄板の上でジリジリと焼かれるように「厳しい状態」というニュアンスなのでしょう。なんだか一刻も早く逃げ出したくなるような、ツライ状況が想像できます。

   ロビー活動に長けたイーロン・マスク氏や、もはや大御所の風格を醸し出すビル・ゲイツ氏といったカリスマ経営者と比べて、学生然とした雰囲気が残るTシャツとGパン姿のザッカ―バーグ氏。果たして「グリル焼き」状態を乗り切ることができたのでしょうか?

   勝手ながら、「ちょっと線が細い甥っ子」を見守るような心境で、私は質疑応答を見守りました......

   ここで、「今週のニュースな英語」です。

   Mark Zuckerberg answered questions directly and confidently.
(マーク・ザッカーバーグ氏は、率直に自信を持って質問に応えた)

   公聴会の冒頭こそ少し不安そうな様子を見せたザッカーバーグ氏ですが、その後は次々と繰り出される質問に誠実に、ゆっくりと丁寧に対応していた印象でした。実際、米国メディアがこぞって「及第点」を付けただけではなく、マーケットも好評価。公聴会の様子がテレビなどで放映されると、FB社の株価はぐんぐん上昇していきました。

   これまでのところ、ザッカーバーグ氏は難局をうまく切り抜けたという評価だといえるでしょう。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中