2018年 9月 23日 (日)

社員の不祥事 「火消し」に失敗しないために、社長が打つべき一手とは?(大関暁夫)

印刷

   アイドルグループ、TOKIOの山口達也メンバーがわいせつ容疑で書類送検された件が、世間を賑わせています。

   山口メンバーが個人だけでなく、グループとしてのテレビでの露出も多かっただけに、本人のみならずグループやジャニーズ事務所のイメージにも大きな影響を与えそうな事件ではあります。

  • 社員の不祥事、対応を誤ると……
    社員の不祥事、対応を誤ると……

消費者向けビジネスの恐ろしさ

   この件を耳にして、地域の飲食店チェーン経営Y社関連が数年前に引き起こした不祥事を思い出しました。

   それはY社が運営する店舗の店長が逮捕された、というニュースでした。しかも、盗撮容疑。事件は店舗とは関係のない公共の場で起きたものでしたが、勤務先や実名が新聞報道などで広まったがために「あのお店の店長さんらしいよ」などといったウワサが、地域では口コミやインターネットの情報でかなり広まってしまいました。

   Y社のK社長は事件後しばらくして、次のように話してくれました。

「あの事件には本当に参りました。事件そのものには『まさか、彼が!』と本当に驚きましたが、本人を懲戒解雇することで一件落着と思っていたことが甘かった。事件後、全店舗で売り上げが激減。うちは都会のチェーンではないので、ウワサがウワサを呼んで、まるでうちの店が犯罪者であるかのような印象にもなったのかもしれません。倒産の危機に瀕するほどの打撃を被ったのです」

   おそらくは、「あの盗撮犯はあの店の店長だった → あの店は盗撮犯の店 → あの店は危ない → あの店には行きたくない」という連想思考で、全店の来店客が激減したのでしょう。

   ここがB to C(消費者向け)ビジネスの怖いところでもあります。B to B(企業対企業)ビジネスであれば、仮に社員が事件を起こしたとしてもそれがプライベートな問題であるなら、「弊社社員が世間をお騒がせして申し訳ございませんでした」という、お詫びの一言で、特段取引に大きな影響が出るのは考えにくいものです。

   しかし、消費者相手のビジネスではイメージも重要な購買要素であり、Y社のようなことも大いに考えられるのです。

社員のプライベートを知る、その「境界線」は......

「私は社員のプライベートにまで踏み込んで管理をするのは、大人の集まりである企業組織としてはどちらかというと反対でしたから、極端に言えば、社員一人ひとりの趣味嗜好までは把握していませんでした。しかしこの事件を経て、本当にそれでいいのか、という疑問は大きくなりました。むしろ、経営者として社員のプライバシー侵害にならない範囲で、プライベートな状況を把握しておく必要はあるのではないかと思ったのです」
 

   この一件以来K社長は、自分の現場に対する無関心を反省して、極力定期的に現場に足を運んで、店長はじめスタッフ一人ひとりの話を聞く機会をつくるように心がけているのだと言います。

   さらに社長は、「この事件からもうひとつ、当社は大切なことを学びました」と、次のように続けました。

 
「お客様が減ったことも含めて、当初私も幹部社員も店舗スタッフも、皆他人事だったように思うのです。当事者意識が薄かったというのか。一店長のプライベートな事件は、あくまで個人の問題と捉えていたというのか。私に関して言えば、本人を懲戒解雇すればそれで事件対処は終了、みたいな感じでした。社長の私がそんな体ですから、社員は無関心です。お客様は事件と店舗を切り離して考えないから、顧客離れにつながったのに、我々には当事者意識が欠けていた。この点に気が付くのが遅かったと、心底反省しました」

気になるジャニーズ事務所の今後

   遅まきながら、その点に気がついたK社長は、客足が激減したことを受けて、各現場で事件についての意見交換を実施しました。なぜ事件は起きたのか、今回のようなことを再発させないためにどんな意識で日々を送るべきなのか、事件の当時者企業としてお客様に対して、いま何をするべきなのかなどについて、社長も入って膝を詰めて話し合うことで他人事のようなムードは一変し、皆が事件について改めて重く受けとめ、自らの対応を考える機会を得ることができたと言います。

「たとえ社員のプライベートな不祥事であっても、当社の社員が引き起こしたとお客様が知れば、それを会社と引き離しては考えてくれません。我々は、不祥事は不祥事として他人事にすることなく受けとめ、誠意を持ってお客様に向き合っていくことの大切さを学びました。自己中心にモノを考えるのではなく、いい事も悪い事もお客様はどう見ているのかを最優先で考えて対応しなくてはいけないと痛感した次第です」

   企業経営者は不祥事からはどうしても逃げたいと思いがちですし、それが社員のプライベートなことであるならなおさら、無関係を装いたいと思うのが常かもしれません。

   しかし周囲、特にお客様はどのように見ているのか、それを忘れてビジネスは成り立たないということを、経営者は肝に銘じる必要がありそうです。 TOKIO、山口メンバーの一件に関しては、所属のジャニーズ事務所の対応が気になるところです。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中