2018年 9月 19日 (水)

【新入社員のためのITスキルアップ】フリーソフトって、やっぱり危険なの?(その3)

印刷

   そういえば、最近はいろいろな「フリーソフト」が出回っているけど、そもそもフリーソフトって何なのできゃすか?

   お仕事で使っても差し支えないの? 久原先生、教えてほしいじぇい。

作成者はボランティア精神でつくっている

   インターネットなどを通じて配布されるソフトウェアの中で、無料で提供されるものを、「フリーソフト」といいます。

   個人の場合は、趣味でつくったので、ほかの人に使ってもらうとうれしいとか、オープンソースでつくっているから無料にするといった、ボランティア精神で作成している人が多く、企業の場合は、まずは認知してもらうために広告費の代わりに無料にするなどのパターンがあります。

   また使える機能を限った、限定版は無料で、多機能版は有料といったビジネスモデルによる営利目的で作成している場合が、大半を占めるようです。

   フリーソフトをダウンロードすると危険だと聞いたことがあるんきゃすが、なぜ危険なのできゃすか?

   また、すべてのフリーソフトがそうなのきゃすか?

   ダウンロードしたフリーソフトをインストールする際に、Windows上でプログラムを実行しようとすると、警告メッセージが表示されます。

   「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」と出る場合は、ファイル作成者が不明であり、発行元が保証されていないため、悪意のあるファイルの可能性があることを警告しているわけです。

   パソコンから個人情報を抜き取られるだけではなく、パソコンが乗っ取られ、今後犯罪に使うための道具として悪用される危険性があります。

   すべてのフリーソフトがそういった訳ではないのですが、発行元が不明のアプリケーションに関しては十分な注意が必要になります。

危険なフリーソフトを判断する方法

   危険なフリーソフトを判断する方法はあるんきゃすか?

   まずはフリーソフトが無料な理由のほとんどが、ダウンロードする際に表示される広告収入によって成り立っている場合が多いんです。

   広告の中には、そのページに誘導させるように、あたかもお目当てのフリーソフトがダウンロードできるように勘違いさせるような、まぎらわしい広告が存在します。一部の利用者は勘違いして、そのバナーをクリックし、お目当てではないソフトウェアをインストールすることで、パソコンがウィルスに感染することがよくあるパターンです。

   したがって、マウス(カーソル)を合わせた際にブラウザ左下に表示されるURLが外部のサイトを示している際は、危険度が高いので十分に気を付けてください。

久原健司
久原 健司
株式会社プロイノベーション 代表取締役/JAPRO認定講師
1978年生まれ。
2001年東海大学工学部通信工学科卒業後、ITの人材派遣会社に入社。大手コンビニエンスストアのPOSシステムの保守運用業務を担当。その後、2003年にソフトウェア開発の会社でシステムエンジニアとして大手通信会社のWebアプリケーションシステム開発など多くの開発業務に携わったが、小さい頃から独立したい気持ちが強く、3年後の2006年に独立を決意。2007年(29歳)に(株)プロイノベーションを設立し、当時としては珍しいオブジェクト指向によるモデリング開発でのサービス提供を始める。
現在は、代表取締役を務める傍、JAPROの認定講師の資格を取得し、さまざまなIT企業を中心に研修なども行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中