2018年 5月 24日 (木)

ヘアスタイルを変えたら、太った!? 容姿と服装のマッチングにご用心を(篠原あかね)

印刷

   最近、ヘアスタイルを変えたら太りました。

   もちろん身体的にも太ったのですが、ヘアスタイルが影響していることも否めません。どうやら体重よりも1割以上は太って見えるようです。

  • ヘアスタイルで、印象が大きく変わることも!
    ヘアスタイルで、印象が大きく変わることも!

気を遣わせて、ごめんなさい......

   スーツ以外ではふんわりとした、フェミニンなデザインが好きな私は、そのふんわりの洋服も相まって、お客様はもちろん友人からも、表現は違えども会うたびに「太ったね」という意味を込めた言葉をもらうようになったのです。

「貫禄がつきましたね」
「昨年よりもよりお元気そうで」
「幸せな感じが体全体から出ていますよ」

などなど。当然ながら、皆さん面と向かって「太ったね」といえばセクハラ発言と認識しているため、言葉を選んでくださるわけです。優しいなぁ、ありがたい。

   季節も衣替えに近づいてきたので、クローゼットの中を確認してみると「ふんわり」デザインだけでなく、横縞や大きな柄、パステルカラー、二の腕が目立つ袖口のシャツやスカート、ワンピースが出てくる、出てくる。

   思いのほか、たくさんありました。

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中